マイブック 2018年6月11日~20日 からすのパンやさん
「からすのパンやさん」です。これまた,描こうとすると
とても難しい。こうしたいわゆる漫画?の線は練りに
練られていて、すこしずれるだけで雰囲気が変わって
しまいます。少しでも原画に近づけるようにしている
つもりです。

黒で彩色するところを紺で描いてしまったものも
あります。



201806211334_0002.jpg

201806211334_0003.jpg

201806211334_0004.jpg

201806211334_0005.jpg

これが表紙です。

201806211336_0001.jpg

しばらく続けるつもりです。
スポンサーサイト
2018/06/21(Thu) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
書 2018年6月13日提出 『賞花釣魚』
なかなか毎日のように筆をとる訳にはいきません。
いざ書こうとすると茶太郎が飛び込んできて硯に
手を突っ込む・動いている筆に食いつく、等など、
狼藉を働きます。
障子を閉めて締め出せば、障子を爪で引っかいて
破ってしまう。そんな中で少しずつ稽古に励んで
います。

2018年6月13日 賞花釣魚

Desktop72.jpg

書 2018年6月13日 賞花釣魚2

茶太郎はこいつです!

KIMG4678.jpg
2018/06/13(Wed) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
天皇家の卑弥呼
卑弥呼の居た都は九州か畿内か?私もこのことについて
書かれた何冊かを読みました。読む都度、そうかそうかと
九州説・畿内説に揺れ動いていました。
でもこの本の大胆な前提はなるほどです。卑弥呼は天皇の
娘、都は大和、間違いないでしょう。

その大胆な前提の一つが一年を二年とする時代があった。
春分秋分で夫々一年とされていたようなのです。そうすると
初代から数代のとんでもない長寿の天皇の年令の説明が
つきます。

また魏志倭人伝を書いた魏の使者は九州についた後は
都まで行かず、聞いた話で報告書を作った。この考えは
大胆ですが、あの水行・陸行何日と言う読む人を惑わす
部分がすっきりします。



まだ他にもそうだそうだと納得できる説明満載です。
2018/06/11(Mon) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マイブック 2018年6月1日~10日 MAPS
これを描いた時期は少しばかり忙しく、手抜きしました。

201806110710_0001.jpg

201806110710_0002.jpg

201806110710_0003.jpg

201806110710_0004.jpg

201806110710_0005.jpg

6月中、MAPSのつもりでしたが、先日亡くなられた
かこさとしさんの「からすのパンやさん」を読んだら?
その絵の可愛らしさに惹かれてしまいました。
MAPSはしばらく休み、次回は「からすのパンやさん」
です。
2018/06/11(Mon) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マイブック 2018年5月21日~31日 ねことじいちゃん 3-4
少し描き方を変えてみました。背景は無くし「ねことじいちゃん」
だけにしました。手抜きと言えばその通りです。



201806011310_0002.jpg

201806011310_0003.jpg

201806011310_0004.jpg

201806011310_0005.jpg

201806011310_0006.jpg

ねことじいちゃんを1ヶ月続けたので、6月はまたMAPSに
戻ろうか、もう少し続けようか迷っています。
2018/06/01(Fri) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ