憲法改正とは何か アメリカ改憲史から考える
題名の通り、アメリカ憲法がいかに成立し、改憲されてきたかを
詳しく説明しているものです。
先ず、連邦の集まりでありながら一つの国家としてどう独立を
保ち運営していくのかなど、アメリカがアメリカとして成立していく過程が
詳しく述べられます。
その中で憲法が果たした役割。歴史も伝統もないアメリカにとって
憲法は国家を統一する唯一の手段でしたし、今もそうでしょう。



翻って日本、「不磨の大典」であるかのように神聖し、みだりに
触ってはならないように扱いながら、本当には大切にしていない。
憲法改正をタブーとせず、より良い日本のために議論を重ねる
時期と思います。

素晴らしい本です。名古屋南RC近藤氏から。
スポンサーサイト
2016/09/27(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
自分では気づかない ココロの盲点
先日、著者の講演を聞きました。脳に関する興味深いお話で、
聞かれていた殆どの方々が良い講演だったと喜ばれていました。
講演の最後には質問もさせて頂きました。「脳の海馬と痴呆の関連」
です。講師は「海馬」が専門とのことで良い質問として丁寧にお答え
頂きました。

帰宅して読書の履歴を調べましたら、なんとこの方の本は5冊も読んで
いました。たぶん質問も著作のなかにあったことだったと思い至りました。



「こうして「心」の上流をたどっていくと、いつしか「自分」という
主体は脳活動という化学反応の渦潮に飲み込まれて消えて
いまします。どうやらヒトという生き物は、自分のことを自分では
決して知りえない作りになっているようです。」とのことです。
考えてしまいます。
2016/09/27(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
用紙
にじむ紙に書いていましたが、先日、近藤先生御用達の
書道具店の近くに所用があり、折角の機会なので先生の
使われている用紙を購入しました。
こうして見るとさほど違いがないように見えます。しかし
書いている感じは全く異なります。実に書き易い。

楷書新しいフォルダー1
行書新しいフォルダー (2)
小文字新しいフォルダー (3)
左側が新しい紙です。今回の手本での提出まではまだ
半月以上あります。この用紙でしっかり稽古します。
2016/09/27(Tue) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マイブック 9月11日~20日
先週末の3連休は天候の悪さもあってウィンドサーフィンはお休み。
習字とマイブックだけは日課としてこなしました。


201609210842_0002.jpg
201609210842_0003.jpg
201609210842_0004.jpg
201609210842_0005.jpg

「こなす」と書きましたが、実はかなり楽しく面白くなって
きました。
ダニエル・クロムさんの絵本にはまだまだ多くの画題があり
ます。しばらくこの絵本から離れられません。
2016/09/21(Wed) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
見送り
毎朝の見送りです。全7匹のうち参加しないのは決まって
います。14歳になるチンチラのクーです。同じ歳のチャーは出て
きます。
尻尾の長いぶち、シロちゃんは私のバイバイに、バイバイと
返事してくれます。こうして毎朝、元気に出社します。

集合2Desktop4

つくりものの猫の上に鎮座するあっくんとチビ太いろいろ。

ニャンコ 集合2 20160915

お世話、ほとんど家内の仕事、は大変ですが、7匹に
囲まれて幸せ、感謝!
2016/09/15(Thu) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ