バトル
ウィンドサーフィンの楽しみの一つが追いかけっこ。
誰と誰が競争すると言うより、前を走っている
人を追いかけるのです。

6.0㎡+86L で快調にプレーニング。
バトル3

いつの間にやらRCの友人が追いかけてきて
いました。
バトル2

これは抜かれてしまう!
バトル

その後は?そんな時、家内はドヤ顔でカンプレ中。
どや

霙の降りそうな浜名湖でのことです。
スポンサーサイト
2017/01/23(Mon) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
添削 2017年1月20日分
このところ王羲之 蘭亭序(叙)からのお手本を
頂いています。字の形をなぞるだけでなく、線を
しっかりと引くことを心がけています。
最近使っている半紙は薄く柔らかなので、力を
入れすぎると破れてしまいます。
ですから筆を強く押し付けるのではなく、気合は
こめてと言う感じ。


201701210719_0002.jpg
201701210719_0003.jpg

毎日のように短時間でも筆を持ち半紙に向き合います。
とても充実した時間と感じています。
2017/01/21(Sat) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マイブック 2017年1月13日~20日
ほのぼのとしたイラストに惹かれ包装紙をとって
おきました。描くのも楽かなとも思いました。
でもこれが手強いのです。


201701201510_0002.jpg
201701201510_0003.jpg
201701201510_0004.jpg

これが原本。

201701201511_0001.jpg

まだ動物や建物・小道具が残っています。そうした
ものも描くつもりです。
2017/01/20(Fri) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本人が知らない最先端の世界史
日本も大きく関係する、日本で言えば明治以降の歴史に
ついての世界の潮流。
大きくは四つのテーマについて述べられていて、これまでの
私たちの常識とは大きく異なる考え(事実?)に驚きます。

ここで要約を書くのは難しいですが、一つだけ書くとすれば
スターリン率いる共産党がアメリカの戦略や日中戦争にどれほど
大きな影響を与えたかと言うことです。
結果として、今の中国の共産党政権はいわば日米ソ合作!




日本に限らず、アメリカでも学者の世界はいわゆる「左」が
主流。心しておく必要があります。
2017/01/19(Thu) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
消えたヤルタ密約緊急伝 情報仕官・小野寺信の孤独な戦い
1945年2月、ドイツの敗北は決定的なこの時、
アメリカのルーズベルト・イギリスのチャーチル・ソ連の
スターリンがヤルタで会談。そこでドイツの敗北後
3ヶ月でソ連が日本に参戦すると決定。

ストックホルム駐在武官の小野寺はこの情報を
日本に打電、しかしこの重大情報を大本営は
握りつぶし、沖縄戦・原爆投下へと至った。

何故、情報が消えてしまったのか?産経新聞の
記者である著者がその顛末を追ったドキュメント。



今に至る日本の官僚組織の悪い面がこの状況を
つくり出した。
またいわゆるインテリジェンスの重要性をもっと認識し
国としての高度な組織を持つべきと痛感。

読むには難渋しましたが、素晴らしい本です。
名古屋南RC近藤氏から。
2017/01/17(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ