fc2ブログ
ダウンヒルMTB
 どうです、このMTB。聞くところによるとダウンヒルレース用だそうです。
家内のお供で入ったリサイクルショップで見つけてしまいました。
IMGP4278-2.jpg


ものすごく太いタイヤとごついフレーム、派手な色に目を惹かれ、
近寄ったらなんと前後輪ともディスクブレーキにサスペンション付き。
浜名湖の艇庫に置いて風のない時に 『あっちこっち』 できます。
ここでの楽しみがまた一つ増えました。
スポンサーサイト



2008/06/30(Mon) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
インディ・ジョーンズ
先週の日曜は終日雨模様でウィンドサーフィンをあきらめ
「インディ・ジョーンズクリスタルスカルの王国」を見にいきました。
ストーリーはかなり大雑把ですが、面白い!
それと主役のハリソン・フォードは年齢が近い(彼が1~2歳若い)ので、
どの程度のアクションをするかも大きな興味でした。
階段を駆け下りるシーンなどは本物ならすごい!私も「階段
一段飛ばし下り」はやってるけど、さすがに駆け下りるのは怖い。
その後肘の治療に行った接骨院の先生に、この話しをしたところ、
後藤さんの方がもっと動ける体ですよと言われ、ちょっと嬉しくなりました。
2008/06/27(Fri) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLIGHT192号『本丸御殿復元』
今年は「環境」を主題に書き続けるつもりでしたが、
このところ読んだ何冊かの本で「ほんとうの環境問題は」なにか分からなくなりました。

皆さんも知りだしたようにペットボトルのリサイクルには
新品を造るより何倍(造るものによって倍率は変わります)もエネルギーが必要です。
リサイクルとして私たちに分別させながら、結局は燃してしまうものも多いそうです。
これは一つの例です。

CO2削減の基準年になっている「1990年」もヨーロッパやロシアに圧倒的優位で、
環境対応の進んだ日本だけが割りを食う「年」です。

今、私たちにできる環境対策は、ものを大切に永く使い、ゴミを極力経らし、
自然を大切にすることだと思います。

そんなことで今回は「環境」から離れました。
先日、島田洋七氏の講演「がばいばあちゃん」を聞き、
本当の豊かさとは何かを教えられました。
そしてあらためていま私たち日本人が置かれている状況を
「あたりまえ」と思っていることへの反省が必要と痛感しました。

2年ほど前に石井光太著「物乞う仏陀」に書かれた話を朝礼とか雑談の折りに話しました。
アジアの大都市に暮らす物乞いと障害者を描いたノンフィクションです。
この本によれば、物乞いをビジネスとして仕切るギャング?・誘拐されてくるレンタルチルドレンなど、とても私には表現できない悲惨なことが今のこの時点で起こっていることが分かります。

日本にも確かにホームレスも多くいます、時には飢えて亡くなったと言う記事を目にすることもありますが、殆どの日本人は質を別にすれば食事にも生活空間にも不自由はありません。
それが「あたりまえ」のことなのです。
しかし、歴史上からも現在の世界情勢においても、
今の私たちほど「物」に恵まれた状態は奇跡に近いと思います。
これは「あたりまえ」ではないのです。

「がばいばあちゃん」はこれから読みますが、
食べられるだけでも「あたりまえ」じゃないぞと何度も話しているようです。
このように自分の今は「あたりまえ」ではない、
とてつもなく様々なことのおかげと感謝するといつも心地良く幸せです。
2008/06/06(Fri) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る