fc2ブログ
動的平衡
 著者と題名に惹かれて購入したのが去年の4月、それ以来
机の左手で数冊の本の下敷きになっていました。
このところすっかり本について書くのを忘れていました。
本を読んでいないのではありません。月に12~14冊ほどは
目を通しています。
このところ増えたのは佐伯泰英さんの「居眠り磐音 江戸草紙」、
30数巻出版されて25巻まで購入済みです。これは一日で読めて
しまうし、とても面白いので月に3冊までにしています。

動的平衡

 








 この本は命は何かを問うものです。この方の本では
「生物と無生物の間」を読んだことがあります。命とは
本当に定義し難いものです。
命とは絶え間ない流れの中にある動的なものである。
それが「動的平衡」。ですから部品で構成される機械では
ない。臓器移植やアンチ・エイジングには否定的に書かれて
います。
 知的な刺激を受けるとともに命の大切さを痛感します。
スポンサーサイト



2010/07/29(Thu) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オーバー
 昨日の日曜、夕刻には来客との面談で早目に
終了しなければならないのになかなか風が上がりません。
しびれをきらして7.7㎡と131Lで乗りだしました。

 岸辺で家内が走りだしました。あれっと思っていたら
相当な風が吹いてきました。すぐにこちらもカンプレ。

オーバー

 








 前の腕が少し曲がっています。これは風が強くて
腕に力が入っているのです。
うねりはなくても細かな波が次第に大きくなり、
ボードはガンガンと波の上で暴れます。気を抜くとボードの
先端が波に喰われセールごと前に吹っ飛びかねません。
緊張の連続です。
 この後、家内の6.2㎡+109Lに乗り替えたら、
これでもきついくらいだったので、相当なオーバーで
乗っていたのです。面白かった!

2010/07/26(Mon) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
屋上看板
 本社の看板も改造にかかりました。
3面あったのを1面だけにして面積を小さくします。
工場の看板と同じく、台風などで壊れてしまわない
ようにするのが最大の目的です。
照明はもちろんLED。

 この程度のものでも相当な費用がかかります。
製造現場は仕事の少ない時期なので足場以外は
社員諸君が作業をしています。


看板ー2  










看板ー1 


 







 猛烈な暑さの屋上での取り外し本当にご苦労です。
くれぐれも安全第一で行って下さい。
2010/07/23(Fri) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
大相撲
 RC友人の誘いで名古屋場所を正面砂かぶり4列目で
観戦。これぐらい近いと迫力満点。
 白鳳の土俵入りはきれいです。実は朝の体操に
相撲の四股の形で静止するのを取り入れました。
四股は難しい。とても相撲取りのようにはできません。
白鳳を見ながら貴乃花の四股は足がまっすぐ天井を
向く美しいものであったのを思い出しました。
四股がきちんとできると言うのは稽古をしっかり
やっている証拠です。
そんな目で勝負を見るもの面白いです。


土俵入り


 







 場所後は白鳳の宮城野部屋でチャンコを一緒に頂きました。
彼は場所中だからとほとんどビールも飲まず、野菜ジュースの
ようなものを飲んでいました。
 言動が穏やかであるだけでなく健康管理にも十分に気を
配っているのが感じられました。

ちゃんこ

 








 昨年の場所では「後の先」と言っていて驚いたものです。
連勝がますますのびるのを期待しています。
2010/07/21(Wed) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ジャイブマーク
 まさにジャイブに入る直前です。ここまで快調にプレーニング、
マークは水の中で休憩中の友人。


マーク

 
 







 風下側へ進路を変更しだしました。もうすぐハーネスを
はずします。

ジャイブ前 










 予定のラインで友人を回りました。さてこのあと上手く行ったか?
 
後半

 








 最近、最も難しいセール返しが少し早くなりました。
でもまだまだ。練習あるのみ。 
2010/07/13(Tue) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
朝からPON
 先週の月曜に取材してもらったCBC「多田しげおの朝から気分爽快:
朝からPON」が今朝放送されました。
 丁度、朝礼と重なってしまいましたが、私はラジオ体操をさぼって
聞きました。
 言葉だけで当社をどう表現するのか気になっていましたが、さすが
プロ、上手に説明を聞きだしてくれました。聞かれている人もある程度
想像できるのではと思います。


取材 100706

 
 







 今回の締めは、「街路灯とかけてウルトラマンと解く。その心は
どちらも街を守る。」上手くまとめるものと感心しました。
取材頂いた古川アナウンサー・菅野ウロデューサー有難うございました。
 放送は来週・再来週とあと2回あるそうです。
2010/07/12(Mon) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
epovelo
買おうと思っている自転車の商品名です。
1ヶ月ほど前、新聞で見かけました。知人の会社が
発表しました。電動自転車にしてはとてもお洒落で
目を惹かれたました。

 先日、とある会合の席に展示してあり、知人である
社長が説明してくれました。それを今日は工場へ持って
きてくれたので試乗です。電動の威力が分りました。


epovelo

 








 私はかなり以前から自転車も愛用しています。
30代の青年会議所時代は栄まで自転車でしたし、
会社の親睦会で浜名湖に行った折は片道を自転車で
参加したこともあります。
 トライアスロンにはオーダーメードのレーサータイプで参加しました。
その後もいろいろな自転車を時に応じて使っています。
 
 電動アシストも時代の流れを知るには良いものかと
思います。塗装や部品などいろいろオーダーできるので
これから相談です。

 
2010/07/12(Mon) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
伐採
 とうとう桐の木のうちの一本を伐ってもらいました。
これ以上に太くなるとブロック塀を壊すかもしれません。
伐った木は今のところこのような立て掛けていますが
何か記念になるようなものにしたいと思っています。


残した木 









 残った方はまた葉が茂りだしていますので、隣家の邪魔に
ならないよう、早目はやめにはみ出す葉を処理するつもり
です。
 伐ったほうもきっと葉を出してくるでしょうね。
2010/07/05(Mon) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLIGHT217号 『一木一草…』
 この後、「一石一沙も活き物である。尊ぶものに幸あり」と
続きます。
 6月24日中日新聞の運勢:うま年の項に載っていました。
私もつくづくそう思います。「沙」は砂のようなものです。
 仏の前と言うか宇宙の中では、一本の木や草・石や沙、
また動物や昆虫・細菌の類に至るまで命と言うことでは
人間と違いがあろうか、命の重さに変わりはない。

 たまたま地球上では人間が図抜けた頭脳をもったことで、
他のものの上に君臨し、人間に都合の良いように必要なら
収奪し邪魔なら殺してしまっています。

 かく言う私もその一人、それらの犠牲の上で安楽で快適な
生活を満喫しています。が、その命を食べさせて頂いて
有難うございます、使わせて頂いて有難うございます、
だけは忘れないようにしています。

 そんな気持ちで、本社駐車場は植栽から落ちた葉などを
全て根本に堆積させていたら小さな森となりました。
いまだに植物の種類も増えています。
工場の県道側も次第にそうなりつつあります。

 ところで本社分室の北側、隣地との境界にある低いブロック塀
との狭い隙間に桐の木が生えています。
私が植えたのではありません。鳥の糞で運ばれたのか?
自然に生えてきてこの数年春から初冬に落葉するまで
豊かに葉を茂らせていました。隣が駐車場だった時は
茂った葉や落ちた葉が邪魔にならないように事前に
間引いたり掃除したりしていました。

 その木が隣家の新築工事中に人の背丈ほどで伐られて
しまいました。悲しいことですが致し方ないことと
あきらめました。
低くなった木にまた芽が出て葉となりました。
ほっとしました。
でもその葉もむしりとられてしまいました。
隣家の方も車が葉で汚されないよう辛い気持でそうされたのかも
しれません。
そのことにどうこう言うつもりはありません。
木がブロック塀を壊す前にもっと低いところで伐り、
その木はここに命があった記念として残しておこうと
思っています。

 こんなことを言っていても、蟻が台所に侵入して来た時は
甘いものを外に置いて出ていってもらいますが、ゴキブリを
見つければ捕まえてトイレに流しますし、蚊が出れば香取線香も
使います。勝手なものと分かっています。

 しかし、人間は周囲の自然に対し上に位置するのではなく、
お陰さまで生かさせてもらっていることだけは忘れてはいけないし、
謙虚であるべきと思います。
 そうでないと幸せどころか地球にとって人類はいらないものと
なってしまう時が思いのほか早く来るかもしれません。
2010/07/02(Fri) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る