fc2ブログ
就活
 当社にも多くの学生さんがきます。大学などでの
会社説明会で日本街路灯を知ってのことが多いよう
です。3年生・4年生・なかにはこの春の卒業生。
彼らはまだまだ就職できていないのです。


会社説明会 110729

 






 今朝も10人を超える学生さんが集まりました。
当社が女子学生に人気があるのか分かりませんが、
男子は1人だけ。女子学生には元気で活発な子が
多いようです。

 当社は典型的な中小企業ですが、大手の下請け
ではなく、しかも自己ブランドで生きていることに
魅力を覚える学生さんが多いようで、今朝に限らず
連日のように学生さんが訪れます。
対応している専務は大変、ご苦労さまです。
スポンサーサイト



2011/07/29(Fri) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
偽善エネルギー
 大震災以降、テレビでもしばしば独自の考えを
述べられている武田先生が著者です。
氏の本はこれまでにも2冊読みました。とりわけ
レジブクロの無意味さどころか、かえって省エネに
反すること・燃えるゴミ燃えないゴミに分別させて
おいて最終的には一緒に燃やしていることが多い
など、目を覚まされることがありました。


偽善 110727

 






 日本人がどんなに節約しても世界各国の大量消費は
止まらず、石油は枯渇する…。
 何が次世代エネルギーになるのか?太陽電池か風力か?
安全性が疑問視される原子力か?
CO2の増大は何をもたらすのか?

 心配のタネはつきないけど、人類の叡智が何かを
生みだす可能性が感じられます。
悲観するばかりでなく、心から豊な気持ちになって
一日一日充実した日々を生きていくことがなにより
大切なのです。と結ばれていました。エネルギーへの知識を
得られるだけでなく気持ちが明るくなります。
2011/07/27(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
にがにがぼう?
 豊明にある直販事務所の南面には以前にも紹介した
ようにゴーヤと胡瓜が植えてあります。

 最近、ゴーヤが収穫されると聞きました。それはちょっと
味わってみたいものだと貰いにいき、林君に採ってもらい
ました。

 自宅のは全く実がつかないのにここのはたわわに実を
つけています。受粉する環境が違うのでしょうね。

ゴーヤ 110725 

 







 下の大きい方は20cmくらいあります。育てている桑原君に
よると「にがにがぼう?」とのことで名前の通り苦いそうです。

折角だから料理に加えてもらうよう頼んでみます。さて苦さは?
2011/07/25(Mon) | 環境 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ビアガーデン
 恒例の互助会によるビアガーデン。台風も去って暑い
土曜の夕方でビールが最高に美味しい。
本社近くが会場なので豊明からの参加には不便だけど
それでもかなりの人数。

ビアガーデン 110725

 






 こうした催しでいつも感じるのが、当社の社員には
部署や立場による分けへだてが全くないこと。みんなが
和気靄靄と楽しんでいる姿は社長として本当に嬉しい!
2011/07/25(Mon) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
武術「奥義」の科学
 日本の武術を題材にした小説や伝記には
なんでこんなことが出来るのかと想像を絶する
話が随分あります。

 それを科学的に解明してくれる本です。
著者は私より2歳下。東京大学理学部卒で
理論物理学の博士。 なのに武術好き。
自らの身体でどんどん試しています。

 さすがに説明が難しい。ベクトル・トルク、その
方向の→が一杯。そんなところはざっと読み
飛ばし。


武術 110720

 







 武術にルールはない。勝つためにはあるゆる
手段を講じる。視覚・触覚もフルに使い、相手を
誑かす。 加えて理にかなった身体の動き。
特に抜重による重力の活用。

 スキーやウィンドサーフィンは自然が相手なので目眩ましは
利きませんが、身体の使い方はとても参考になります。

2011/07/20(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
事故
 大事な車に傷をつけてしまいました。20数年前、ボードを
屋根に積んでトンネルに入り、上を向いていたフィンがトンネルに
当たって屋根を傷つけたのと、10年位前、スキー場近くの
温泉施設の駐車場で雪を押しのけて車を停めようととしたら
雪が凍っていてナンバープレートをへこませてしまって以来の
ことです。

 朝、起きたばかりに荷物を入れようと車庫からだし、
ハッチバックをあげたままバックしてしまったのです。
その時、バックモニターの映像がいつもと違うことには気づいて
いましたが、何だろうと思いながらゴンと聞こえるまで
進んでしまいました。

事故 110716-4 









 幸いハッチバックは異常なく締まり、運転に支障はありませんが、
あれだけ丁寧で安全に心がけて運転をしていてもこんなことを
やってしまう。本当に何が起こるか分らない。注意しよう。
2011/07/18(Mon) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
うーん!
 先週からレイダウンジャイブに挑戦です。強風時に止まるとき
しゃがみこんでセールを前に下すとくるーと回りながら水面に
つきます。それをイメージして練習開始。
見ていた海の家のおじさんが、なんであんなに落ちて
ばかりいるのかと家内に聞いてきたそうです。
その日は2度ばからレイダウンもどきができました。

 そんなことで今日こそはと意気込んでセールを引き込み
ながら前に倒していきます。

レイダウン―

レイダウン―0

レイダウン―5

レイダウン―7

レイダウン―8

レイダウン―9

 うーん、上手くいきません。でも手応えは十分。
レイダウンとはいかないジャイブもダイナミックになってきた
感があります。練習するぞ!

2011/07/18(Mon) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
狐笛のかなた
 日本のファンタジー。舞台は室町時代くらいか?
主人公は人の心が聞こえる12歳の小夜と子狐:野火。
彼も霊力を持っている。

 小夜の母は殺されている。父は領主だが小夜は
知らない。傷を負って逃げる野火を懐にいれて
助けた小夜。ここから話は始まります。
 

狐笛 

 






 紆余曲折あって二人は狐として夫婦となり、
子をもうけ幸せに暮らしていると思われる結末
ですが、その過程は…。

 ハリポッターやナルディア国物語のような大がかりな
洋ものファンダジーも面白いですが、日本の原風景の
中で繰り広げられる、神々の住むところと人間界の
狭間を舞台にし、心にしみる情景に溢れた本書も
素晴らしい。お薦めです。
2011/07/13(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
天井LED
 工場板金部署の照明を水銀灯から13台のLEDに
交換。
横から見るとあまり明るく思えませんが、直下では
以前より相当に照度が増したそうです。

 
LED天井灯 







 折角の設備なのに実はこれでどれほどの省電力に
なったかはまだ計算していません。
急いで消費電力見える化システムで確認しなくちゃ!

2011/07/07(Thu) | 環境 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
漕いで漕いで
 昨日は村櫛、天気予報がはずれそこそこ晴れて
夏のような暑さでした。

 最近では最大セールの7.7㎡でも少し風が足りません。
それでもなんとかプレーニングをしていました。
漕いでプレーニングを続けていたとは思っていたけど
これほど膝を曲げ伸ばしして「漕いで漕いで」いたとは。

こいで 110704-2 








こいで 110704-1

 






 それにしても浜辺にいる人の少なさにびっくりです。
村櫛は浜松市内なのでここで遊ぶ人の仕事は車関係が
多いのは当然ですが、それにしても閑散としすぎで
寂しい。 
2011/07/04(Mon) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLIGHT229号 『思いやり』
 230回近くも「らいLIGHT」を書いてきて、思いやりの題が
無かったことに驚いています。もちろん題は違っても内容は
近いというのはいくつもあった筈です。

 前回、運が良くなる話をしました。思いやりも大きく運を
左右するものでしょう。
辞書では思いやりを「その人の身になって考えること。察して
気遣うこと。」が第一番の説明になっています。
要は人の思いに共感できることが思いやりの根本だと思います。
他の人の思いを無視する人が周囲から好かれるとは思えず、
幸運も遠ざかるでしょう。思いやりの有無が運に関係するのは
当然です。

 先日の社員互助会主催の親睦旅行は例年より参加者が少なく、
企画した互助会役員諸君は内容が面白くなかったのだろうか?
今後はどうしたら良いだろうか?と随分心を痛ませていました。

 私はこうした行事の計画にまったくタッチせず、参加者の人数
なども当日近くになって知ります。今回も3~4日前に聞いて少々
がっかりしました。
私の顔を見たくないのかとまでは思いませんが、自分達が選挙で
選んだ役員が限られた予算と日程のなかで、少しでも喜んでもらおうと
一生懸命やっていることに無関心な人もいるように感じたのです。
でも旅行そのものは行き先も素晴らしく、とても盛り上がった楽しい
ものでした。
 
 日本街路灯では右から左へ流せば済むと言う仕事はほとんど
ありません。小さな物件でも製造から工事まで多くのモノとコトが
組み合わさって完成していきます。物件に携わる人すべてが前後の
工程への配慮をしながら、自分の担当分をこなしています。
自分の分だけきちんとすればいいと言う考えでは品質の高い製品も
工事も出来ないのです。

 こういう仕事の流れから当社では自分の持ち分については各自で
考え実行します。従って個々の仕事に私が口を挟むことがなく、
担当者が自分の才量で自由に仕事を進める当社の社風が育まれて
きました。

 もちろん自由は勝手気儘ではなく、反対側には責任を負っています。
だから仕事は厳しいのです。でも厳しいからこそ遣り甲斐があります。
これだから私たちの仕事は楽しく取り組めるのです。

 思いやりの大切さは仕事だけではありません。私たちの行動の多くが
思いやりの有無で大きく変わります。夫婦の間・友人との関係などなど、
幸せな人生に不可欠なのを忘れないように。
2011/07/01(Fri) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る