fc2ブログ
楷書
 昨夜、RCの書を楽しむ会がありました。昨年8月に
この会に参加し、初めて先生のお話と指導を受けました。

 私は楷書と行書を練習しています。先生がおっしゃる
には、楷書は書き方に様々な規則があり、勢いでごまかす
ようなことはできず、難しいのだそうです。

zi 








 これは2月15日に提出することになっていて、練習中の
ものです。見て頂いたところ、左上の「在」のなかの
「土」の縦棒が行書になっている他はとても素晴らしいと
赤字での書き込みをされませんでした。嬉しかった。

スポンサーサイト



2012/01/31(Tue) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
寒っ
 日本中が大寒波に見舞われたこの土日、浜名湖村櫛海岸は
こんなに賑わっています。
千葉からあるショップの団体が大挙しておしかけてきました。

寒い―1 








 その中に私より高齢の女性も。60歳から始められたとの
こと。この日は風があまり上がらずプレーニング姿は見られません
でした。でもほとんど休憩もなしに乗りっぱなし。その元気に
脱帽!

寒いー2 








 土曜の風は弱いままで、セールを大きくしてプレーニングが
出来ました。日曜は時に乗れないほどの強風も。

家内は4.2㎡。

寒い―4 








私は5.5㎡。

寒い―3 








 2人とも咳が出て風邪気味と言いながら極寒のウィンドサーフィンを
楽しみました。これって大丈夫かな?
2012/01/30(Mon) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
怒らないこと
「怒らないこと」、題名の通りの話です。「怒り」は
人間の不幸そのものです。
「怒り」は様々な形で表れます。たとえば「怨み」「欲」
「嫉妬」「物惜しみ」「張り合い」「反抗心」「後悔」
などなど。

「怒り」は自分を焼きつくす「火」です。「「怒り」が
気づかないうちに体も壊してしまいます。

 感情の物差しは人によって違う・自分が正しいと思う
から怒る・私は間違いだらけだと分かると怒らない。

怒らない人にこそ智慧があり、幸せを得るそうです。


怒らないこと 








 この本はスリランカ初期仏教の教えを分かり易く説いた
ものです。今年の初めに読みました。少しは「怒り」から
離れられる気がしています。また近いうちに読み直して
もっと「怒らない」に近づくつもりです。
2012/01/25(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
武田先生のお話
この方のお話やご本を読むと明るい未来を感じられて
心が明るくなります。

土曜日に豊明市商工会設立50周年式典があり、その
講演会でお話を聞きました。
商工会では父が4代目会長を務めたこともあり、式典の
中で何度も写真が出てきて懐かしかった。

武田先生 








先生のお話の骨子は、日本の原発は根本的に地震・
津波対策が出来ていない。200年くらいかければ安全な
原発も可能。
石化燃料は数千年枯渇しない。省エネと騒ぐのは日本と
ドイツの一部だけ。どんどん使って明るくしよう。
ゴミも分別しない。南極の氷が溶ける筈がない。氷が
溶けるのは融点(零度)を超えてから。マイナス40度が
マイナス38度になっったって溶ける筈がない。まさにその
通り。南極の雪は増えているのが実情。

などなど1時間半があっと言う間でした。聞けて良かった。
2012/01/23(Mon) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
竹下通り
 先が曲がったパイプを前に4人が雑談しているように
見えます。でも雑談ではないそうです。
このパイプにLEDなどを組み込んで街路灯に仕上げます。
そのやり方を相談しているところでした。
設計段階でしっかり煮詰めておければ良いのですが、やはり
現物を前にしないと工夫がつかないところもあるようです。
 

竹下通り 








実はこのパイプ、あの原宿・竹下通りに建つ街路灯に
なるのです。全部で12基。街路灯のほかにアーチも2基。

若者の街、原宿・竹下通りのシンボルになればと期待して
います。


2012/01/23(Mon) | 製品 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前手放し
 よーく目をこらして見てもらうと前の手が下に
ぶら下がっています。マスト手を放してプレーニングです。
昨年の夏あたりから少しづつ手を放して乗る練習を
していました。
 後ろの手を放すのは簡単ですが、前の手となると
それほど容易にできることではありません。
このところ強風続きで手を放すどころではなかった
けれど、この日は5.5㎡が少しアンダー気味。そこで
試してみたらプレーニングでかなり長い距離を走れました。


ワンハンド 








 次は両手を放してのプレーニングに挑戦。これはかなり
難しい!
2012/01/17(Tue) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLIGHT235号 『ブータン国王の祈り』
 明けましておめでとうございます。皆さんが清々しく
新年を迎えたことと思います。世界も日本も大きく社会が
変化する潮目で苦闘しています。
しかしどんな状況で変わらないものもあります。
その大きなことの一つが日本は素晴らしい国だと言うことです。
私たちは日本にもっと自信と誇りを持つべきです。
昨年、日本を訪れたブータンの国王の挨拶が日本のみならず、
私たちの生き方を示唆してくれています。

「私は若き父とその世代の者が何十年も前から、
日本がアジアを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。
すなわち日本は当時開発途上地域であったアジアに自信と進むべき道の
自覚をもたらし、以降日本のあとについて世界経済の最先端に躍り出た
数々の国々に希望を与えてきました。日本は過去にも、そして現代も
リーダーであり続けます」

「世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、
歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、
そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。知行合一、
兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識して
まいりました」

「私が申しあげたいのは、世界は日本から大きな恩恵を受けるであろうと
いうことです。卓越性や技術革新がなんたるかを体現する日本。
偉大な決断と業績を成し遂げつつも、静かな尊厳と謙虚さとを兼ね備えた日本国民。
他の国々の模範となるこの国から、世界は大きな恩恵を受けるでしょう。
日本がアジアと世界を導き、また世界情勢における日本の存在が、日本国民の
偉大な業績と歴史を反映するにつけ、ブータンは皆様を応援し支持してまいります」
「ご列席の皆様。いま私は祈りを捧げました。小さな祈りですけれど、
日本そして日本国民が常に平和と安定、調和を経験しそしてこれからも繁栄を
享受されますようにという祈りです。ありがとうございました。」

 日本は世界8大文明のなかで、他に類のない独自の文明とのことです。
世界に見習ってほしい文明です。日本に生まれたことを感謝し、多くの人々の
幸せに貢献する街路灯で今年も頑張りましょう。よろしくお願いします。  
2012/01/16(Mon) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
河津桜
 この寒い時期に咲くのでとても珍重されている
ようです。 実は身近な場所でも咲きかけていました。
 12日に東京支店から外を見たら、向い側の高校の
壁際で咲きかけていました。 まだ小さな木ですので
植えられてからそれほどの年月は経っていないと
思います。

桜 







 寒さにめげず花をつける姿はそれなりに感動もの
ではありますが、桜はやはり春とともに咲いてくる
方が相応しいと思った次第です。
2012/01/14(Sat) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬の花
  お正月前にやりたかった本社玄関の花を
新しいものに植え替えました。浜名湖近くの
ひまわりファームで買ってきた花々です。

花―2 







花―1 







花―3 







花







 この中に一つだけ昨年からずっと咲いている
「なでしこ」があります。可憐だけど粘り強い。
サッカーチームも良い名前をつけたものだと感心します。
2012/01/10(Tue) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初乗り
 ウィンタースポーツがスキーからウィンドサーフィンに変わってしまった
ようです。
正月そうそうに村櫛。2日の浜名湖はとんでもない爆風。
3.7㎡と69L。すごい初乗りになってしまいました。


初乗り 








続いて3日は少し弱くなって5.0㎡と86L。これぐらいになると
余裕を持って楽しめます。GPSをつけていないのでどれくらいの
速さか分りませんが、体感としては相当に速かった。

初乗り 








 2日とも日差しもあり、寒さ・冷たさもそれほどでなく
楽しい初乗りでした。さてスキーには行くのだろうか?
2012/01/03(Tue) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
初詣
 明けましておめでとうございます。朝はジョギングで
初詣です。
先ずは近所の金山神社、ここで古い御札などを燃して
もらいます。それから熱田神宮へ。写真は熱田神宮の
HPから。

熱田神宮 







 大晦日の24時・新年の〇時過ぎの本殿前の状況。ある
記事からの写真。

初詣 







 私がついたのが10時半ごろ、これほどの混雑ではなかった
ですが、それでもお賽銭をあげるまで数分かかりました。
その後は高蔵神社へ。どこでもお礼と敬いの心でお参り。

 例年は朝早く暗いうちに行っていましたが、紅白を最後
まで見ていたわけではないのに、起きるのが遅く、朝食後
しばらくしてからの初詣となりました。


2012/01/01(Sun) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る