fc2ブログ
自衛隊ヘリコプター体験搭乗
今日は自衛隊のヘイコプターに乗せてもらいました。昨年、
自衛隊協力会に入会、新入会員として招待がありました。
通常の休日は欠かさずにウィンドサーフィンですが、これだけは
土曜日でも参加。
しかも有難いことに風が弱い、しかも上天気。最高の
日よりです。

守山駐屯地の本部ビル7階屋上のヘイポートから出発。乗った
のはこのヘリコプター。乗員2名と招待者7名が搭乗。

heri-3

コックピット。ここには写っていませんがものすごい数の計器が
並んでいます。どうやって見て、瞬時に判断するのか?
すごい訓練の賜物と思います。

heri

名古屋ドームも手の届くところ。名古屋城は桜がきれいでしたが
写真はボケてしまいました。

heri-2

隊員の皆さんの応対もとても親切で分かり易く、素晴らしい
体験が出来ました。

軍備にはお金がかかります。しかし、なくてはならないもの
です。より一層の充実を願っています。
スポンサーサイト



2013/03/30(Sat) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
源平しだれ桃
我が家の小さな庭で「源平しだれ桃」が満開です。鉢植えを買い
3年経ちました。
薄いピンクの花が多いのですが、少しだけ紅白の花があるのです。
赤だけのものもあります。不思議です。

sidaremomo-2 































こちらは今年買ったアザレア。花がすんだら庭に直植えしようかと
思っています。

sidaremomo 































我が家は小さなビルの3・4階。この庭は3階にあります。ここで
七輪を出して干物を焼いたりします。とても心休まる空間です。
2013/03/28(Thu) | 環境 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
最速
これまでの最速です。随分まえ、GPSで速度を測るのが
はやった頃、47.?k出たことがありました。スキーでその
GPSを使ったらなんと86.7k出てしまい、こうして測り
だすと無謀なことをしてしまいそうで止めていました。
でも最近また今日は何キロと言う話が飛び交いだし、私も
この二三回GPSをつけています。
プロとかスラローム乗りエキスパートは沖合で長いフィンをつけて走って
います。私たち浅瀬組は短いフィンです。速度の出方はかなり
違います。

GPS

カンプレしていますが、これだけでは40k前後が精一杯です。
ここから下らせるのです。下りはちょっと間違うと吹っ飛ぶ
ので腕と度胸がいります。挑戦を始めました。

GPS=2

記録更新を目指し、ウィンドサーフィンがますます面白くなりました。
2013/03/24(Sun) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
脳には妙なクセがある
私たちはなんでも自分の意志で行動していると
思っています。殆どの人はそうですね。私もそうでした。
でもそうではないようですね。

意志は脳からうまれるのではなく、周囲の環境と身体の
状況で決まるそうです。
自由意志は錯覚にすぎず、実際の行動の大部分は環境や
刺激によって、あるいは普段の習慣によって決まるのだ
そうです。
nou

昨年読んだ他の本でも、自分で意志と思っているのは
自分がやったことを把握する手段だと言っていました。

良い習慣が如何に大切か分かります。
2013/03/21(Thu) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
黄砂
昨日の夕方5時過ぎ、23号線から見えた夕陽です。
この時刻、かなり強い風が吹いていたので、本来
ならくっきりした夕陽になる筈です。

下の方に見える小さな丸い明るいのが太陽、その
上に広がるあかり。黄砂がこの光景を創りだした
のではないでしょうか?

黄砂 

































黄砂の中で遠くを見ていると、見えそうで見え難い
せいか、なんだか調子が悪くなります。
黄砂もPM2.5も利子をつけて発生させたところへ
返す方法はないかなあー!
2013/03/17(Sun) | 環境 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新島 襄の青春
本屋で見つけました。NHK「八重の桜」にあやかって
並べられていたのでしょう。もともとは1985年に発行
されたものでした。

新島 襄は同志社大学の創始者。私はこの大学・大学院で
学び?ました。
でもあこがれて入ったのではなく、消極的な選択肢でした。
ですから今日までそれほどの愛着も持っていませんでした。
もしこの本に描かれているような新島 襄を知っていたら
全く違った学生時代を送ったのではないかと思います。

日本を良くしたいと言う燃える思いで密出国し、その生き方が
運を呼んでアメリカに渡れ、多くの人々から助けられながら勉学。

新島

素晴らしい人が理想に燃えてつくった大学にいられたことに
あらためて感謝!
2013/03/13(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
閉じた国の幻 写楽
東洲斎 写楽(とうしゅうさい しゃらく、旧字体:東洲齋 寫樂)は、
江戸時代中期の浮世絵師。
寛政6年(1794年)5月から翌年の寛政7年3月にかけての約10か月の
期間内に約145点余の錦絵作品を出版したのち、忽然と浮世絵の世界から
姿を消した謎の ...
現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの能役者、斎藤十郎兵衛(さいとう
じゅうろべえ、宝暦13年(1763年)? - 文政3年(1820年)?)だとする
説が有力となっている。

しかし、推理小説の大家として有名な著者が永年に亘り温め追及してきた
結果、江戸参府にきたオランダ商館員の原画を歌麿が版画用に手直ししたもの
としている。ほとんどの辻褄があうように思われる。

写楽

読み応えがあり、面白かったし、江戸時代の歌舞伎・錦絵などの知識も
学べた。
2013/03/13(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
天気予報ずばり
昨日の日曜日、天気予報では昼ごろから風が強まり
3時ごろには相当な強風とのことでした。
この日は東京からの友人達も来ているので早めに
浜辺へ。まったく無風に近い。それでウィメンズマラソンを
車のテレビで最後まで観戦。
少し吹いてきました。この2回ほど、弱気のセイル選択で
失敗しているので少し強気に6.7㎡と家内には5.2㎡を。
セットしているうちに上がってきました。でも折角
つくったのだからとそれで出艇。ジャイブでこけて
セイルのフット部分にハーネスで穴をあけてしまいました。
家内は2度目に出て行ったら帰ってこれません。
水の中を歩いています。それを取りにいってその
まま乗ってきました。
そのセイルに80Lスラロームで乗りましたが、とても引き込み
できません。ジャイブなんてとてもとても。
終点に来たらこうしてそっと降りる有様。どオーバーの
良い経験にはなりました。
天気予報をなめてはいけないと肝に銘じました。

2
3
1
2013/03/11(Mon) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
母なる海から日本を詠み解く
著者は2002年5月、鈴木宗男議員の問題に連座して
逮捕され、連続512泊を拘置所ですごした元外務官僚。
その間に読んだ久米島(著者の母の出身地)のうたを
集めた「おもろさうし」に触発され日本と沖縄諸島との
関係を考え、この本を著した。

母なる

沖縄諸島の歴史から同地の人々の考え方、周辺の国々との
関係などなど、現在の沖縄問題の根が見えてくる。
政治家には是非読んでもらいたい。
2013/03/08(Fri) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
名古屋城本丸御殿
今年5月末には一部公開まできました。夢童先生のお手伝いを
始めてからでも20年、長い道のりでした。


sakura-2
































昨日はこの公開を記念して「春姫桜」「義直桜」を囲んでの
イベントが行われ、歴代18人の春姫のうち10名が参加。もちろん
真ん中は河村市長と夢童先生。
先生はご挨拶の途中、感極まって涙ぐむ…でした。私もここまで
来たかと嬉しかった。

sakura

ついでと言っては失礼ですが、建築現場も見学。立派なものです。
名古屋だけでなく、日本の宝となるものです。

sakura-3
2013/03/05(Tue) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLIGHT249号 『やってみる』
 自分のことです。70歳を越え、会社では会長となり、
これまでの成果とか結果はともあれ、真剣に生きてきた
実感はあるので、明日にでも死ぬと言われれば慌てる
でしょうが、そうでもなければ何時ころっと逝っても、
まあいいかと常々思っています。
そんな時のために遺言も公正証書にしました。だからと
言って新しいことへの挑戦や今もやっていることを磨くの
を止めたのではありません。

 やりたいことは増えるばかりです。新しいことと言えば、
始めて1年半ほどになる習字。半紙に4文字を楷書と行書。
毎月お手本を頂き、添削のみ受け、書き方は自分で工夫です。
上手くなってきているかは別にして、筆を運ぶのが少しずつ
楽になってきています。習字も体術の一種で、いかに筆を
自由自在に動かせるようになるかでしょう。
もちろん良い手本と感性が必要です。これも体術と同じ。

 他には俳句と水彩画。俳句は半年ほど前からです。
書も俳句も所属する名古屋南RCの趣味の会です。俳句は
五七五に季節の言葉を入れ、この短さに見たこと感じた
ことを端的に盛り込む、難しいです。
とりわけ私は朝の散歩・ウィンドサーフィン・猫との触れ
合いの折にしか、表現したいことが頭に浮かんできません。
ウィンドサーフィンを詠んでも他の人たちには何のことか
分かってもらえないし、猫も名前では分からない、でも
「猫」と書いては面白くもない。しかも季語は今ではなく
次の季節となります。
想像力が必要です。頭の刺激になりますね。

 ついで水彩画、以前から愛知万博総合プロデューサーの
原田先生から絵を描くことを勧められていました。
でもこれこそ今さらと敬遠していました。ところが昨年末、
RC会員の84歳になられる先輩から氏が描かれた水彩画の
入ったカレンダーを頂きました。
その絵に感動、伺ったところ70歳を過ぎてから描き始められ
たそうです。これで踏ん切りがつきました。生前に日本画が
趣味だった母の形見の携帯用絵具・筆も出てきて後押しされ
ました。
原田先生からマイブック(文庫サイズで日付だけ入った白紙が
365頁)を教えられ、一日の空白もなく今日までは埋めています。
全くの我流で上手くは描けないけど、モノを丁寧に見るように
なりました。
遊びばかり紹介しました。いくつになっても先ず「やってみる」。
仕事も人生もいきいきしてきますよ。


快
2013/03/02(Sat) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る