fc2ブログ
何重◎?
添削して頂いたものが戻ってきました。「申し分ありません」と
書かれています。嬉しい!

徳不孤 Oct 13-2

先生は近藤浩呼さん、いつも難しい本を貸して下さる名古屋南RC
元会長:近藤さんの奥様です。先生は今回の第45回日展で二度目の
特選となられました。特選を二度も受けられるのは滅多にないこと
とで、当代一流の書家です。
直に手を取って教えて頂くことはありませんが、毎月お手本を頂き
それを何十枚も書いて、最後のものを見て頂いています。
僅かな時間でもなるべく毎日書くようにしています。少しずつ筆の
動きが自由になってきているように感じています。
スポンサーサイト



2013/10/25(Fri) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ライス回顧録
2001年からジョージ・W・ブッシュ大統領の国家安全保障担当大統領
補佐官、2005年からは国務長官として、世界へ自由と民主
主義を敷衍させるのを使命としてブッシュ大統領を支えた氏の
回顧録。
自由と民主主義こそが世界を平和にし人々の幸せにつながり、
それがアメリカにとって最も望ましいと言うことです。

こうした本は初めて読みました。アメリカと言う国が日本をはじめ、
欧州の先進諸国とも全く違う面を持っているのを知りました。
どんな人種の人もどんな国から来た人もアメリカ人になると、その人
はアメリカ人になるのです。これはアメリカと言う国の成り立ちがそう
させるのだと思います。他の国では、日本ならとりわけそうは
いきません。

 また国を率いる首脳たちの仕事振りの厳しさ・忙しさは大変な
ものですし、それを支える知識・経験・思考力・決断力などなど、
並の人に出来るものではありません。 日本の総理にもそうあって
もらいたい。




文庫本なら1300頁を超える長編。すこしずつ丁寧に読みました。
貸して頂いた名古屋南RC:近藤氏に感謝です。
2013/10/24(Thu) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
禁酒
今月4日に封を切った720ml瓶の日本酒、まだ半分以上残って
います。
12日にウィンドサーフィンで首を痛め、15日に治療を受け出してから
全くアルコールを口にしていません。日課のエクササイズもしないので
食事も控えめにしています。



お酒を無しでも毎晩寝付きも良いし、ぐっすり寝ています。
まだ飲めるようになるには日にちがかかりそうです。こんな
風だとこれから酒無し人生になるかもしれません?(笑)
2013/10/19(Sat) | 食べる | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
油断、その後
吹っ飛んで首がゴキッゴキッの後、首がどの方向にも動かせません。
すぐに行きつけの接骨院で診てもらいたかったけど休日で駄目。
休み明けの昨日、朝一で行きました。私が状況を説明後、触診。
首の骨がずれている、もうちょっとで神経を痛め首から下が動か
なくたったかもしれないとのこと。危ないところでした。

IMG_20131016_100657-2.jpg

かなり痛い手技による治療。その後は首を氷で冷やし続け、
タオルを首に巻いて固定。鞭打ちの場合に良く見かける首の
保護具は背が高過ぎ、タオルを3重4重に畳んで使うのが良い
ようです。これだけでも楽になります。
もちろん運動(散歩も)・お酒は駄目で安静にしている!
そこで手古摺っている分厚い本・毎日のお絵描き・習字に
いつもより時間をかけています。

大事に至らなかった幸運に感謝し、これからはより慎重に
気を弛めることなく楽しみます。

※ 写真が縦に出来ず横向きのままです。
2013/10/16(Wed) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
油断!
昨日の村櫛、冬のような北西の強風です。でも浜について
しばらくすると少し風が弱まり、家内には3.9㎡をセットした
のに、自分用には強気の5.7㎡を。快調に飛ばしていました。



行って帰って、また行ってジャイブも決まっての帰り道、風は
ますます上がってきました。しかしこの強風をなめていたよう
です。気持ちも態勢も備えが足りませんでした。一瞬のブローに
腰が浮き、一本背負いを喰いました。ぐっと頭も引っ込めた
つもりが間に合わず、頭の右後がセイルに激突、首がゴキッゴキッ。
しばらく水の中で呆然。その後で頭に浮かんだのが骨は折れて
いないか・神経は切れていないか?そっと手足の指を動かし
ました。動きます。ほっとしました。幸い足の立つところ
だったので、しばらくボードの寄りかかりボーとしていました。
手足は動くものの首が回りません。
出発した処まで300~400m、引っ張ったり・風の弱い時には
乗ったりしてなんとか帰着。
早速、こうして首に湿布。しかし一日たった今も首は回り
ません。

PIC_0148-2.jpg

このところ心身快調、ウィンドサーフィンも上達を実感したりして
聊か慢心していたようです。痛いし不便だけど良い教訓に
なりました。油断大敵!
2013/10/13(Sun) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
歌舞伎
歌舞伎の観覧券を頂きました。文化とはほど遠い生活を
送る私たちはこんなことでもなければ劇場に足を運ぶ
ことはありません。

今回は御園座の建て替えが決まり、市民会館での開催
です。案内によると幕間の食事は座席で頂くようです。
食べ終えられず・飲み終わらなかったらどうなるのか少し
心配です。




でもお芝居などの演劇は、お祭りなどで飲み食いし騒ぎ
ながら見るところから始まったはずです。
しーんとして息をこらし、芸術を鑑賞させて頂くよりも
食べたり飲んだり、やじでも飛ばしながらお芝居と一体に
なる、そんな風に見られたらもっと楽しいのになー。

名古屋南RC:近藤氏から券を頂きました。有難うございます。
2013/10/10(Thu) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
炭火焼き
秋は松茸、でも日本産はちょっと手が…。これはアメリカ生まれ。
少し前にカナダ産を食べましたが、歯ごたえはしっかりある
ものの香りが全くでした。それに比べてこのアメリカ産はかなり
香りもあり松茸でした。

IMG_20131007_183617.jpg

松茸だけでは栄養が足りません。ステーキを800gと言う三浦さん
には敵いませんが、お肉とソーセージも。

IMG_20131007_183909.jpg

お伴は泡立ちの良さが売り物のこのビール。

IMG_20131006_174259.jpg

美味しかった。ある日の夕食でした。
2013/10/08(Tue) | 食べる | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
風予報
ウィンドサーフィンは風が吹かなくてはなんともなりません。
ですからいつも風が気になってしかたがありません。
ウィンドサーフアー向けの風予報サイトはいくつもありますが、
私はもっぱらこれを見ています。
明日明後日の予報が乗っています。明日は風が無く
雨も降る予報です。これでは行ってもなんともなり
ません。
でも日曜日のお昼頃は南東5となっています。単位は
ノットです。浜名湖村櫛では南東だとこれよりも吹く
ことが多いのです。

風

明日は、家をゆっくり出て、奥浜名湖大崎のちょっと
お洒落なカフェでお昼を食べ、その後に艇庫へ行き、掃除と
のびのびにしていたセイルの修理をしようかと思っています。

雨が降ったり風が無かったりして、ウィンドサーフィンがやれ
なくても浜辺にいると本当に気持ちが良いのです。
でも風よ吹け吹けと祈っています。
2013/10/04(Fri) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLight 256号 『台風ライド』
 前月の台風18号は朝8時頃に豊橋に上陸。この台風、発生当初は
勢力も弱く、近づいたら熱帯低気圧になると安心していました。
ですからこの台風の前々日に行った際も道具の避難なんて思いもせず、
車に積めるだけのセイル・ブームを持ち帰えっただけでした。

 ところが段々と勢力を増し、最悪のコースを通ってしまいました。
艇庫の様子を見ようと、名古屋では雨の上がった11頃に出発。
1時間ほど走ったところでショップの店長から『艇庫は無事、しかし
湖面は大荒れ・爆風、来ても乗れませんよ。』とFBでの発信がありました。
乗れなくても持ち帰った道具だけでも置きがてら様子を見ようとそのまま
浜名湖へ。着いたらすごいことになっていました。

 その頃で15m を超す強風とこれまで見たことがないほど荒れた湖面。
でも一人二人やっています。艇庫の陰で風を避けながら何人かが様子見を
していました。先ずは道具を片づけ、しかし見ているだけではつまらない。
こっそりと道具の用意を始めました。もちろん最少のセットです。
私のではなく家内のを借りたのです。
周りの皆さんが口ぐちに「えー、やるの!」。店長からは「水は深いし、
これだけ荒れるとウォータースタートも難しい」と言われました。当然、
止めておきなさいと言う顔でした。そう言われても人がやっているのに、
試してみないのもつまらないと、ヘルメットを被りライジャケをつけて
水に入りました。

 この浜は北寄りの西向き、この時の北西の風だと浜と並行に走れます。
つまり浜辺の近くで乗れるし、もし乗れなくなっても道具にしがみついて
いれば浜へ打ち上げられます。
しかもこんな天候でなければ足が立つところが多く、強風時にこれほど
安全なゲレンデはありません。

 慎重にセイルを上げます。がーんと風が入ります。耐えられないほどでは
ありません。足が着く場所でもウォータースタートの態勢でボード上へ。
すぐに前足だけストラップに入れて走りだしました。波に翻弄されてまるで
ロデオのような感じ。しばらくそのまま走り、ターンしたいところですが、
とてもとても。落ちるように降りて向きを替え、また同じようにして元に
戻ります。
段々と慣れて水面をなかば飛ぶように滑走。小一時間楽しんで休憩。もちろん
その間には何度も強風や波に耐えきれず吹っ飛んだりしました。久しぶりの
ヘルメットも時々ゴツン・カツンと音を立てましたが、ボード・セイルも体も
無事。休憩後、もうちょっとやりました。やってみるものですね。楽しかった。
2013/10/01(Tue) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る