fc2ブログ
ご対面
とうとう先輩ネコたちと対面させることにしました。先ずはもっとも
穏やかな「ちゃー」と合わせました。なんとちびたちは全く怖がり
ません。ちゃーの方が怖がって部屋から逃げ出したい素振り。



次は先輩のなかでは一番若く、しかもとてもでかく、唯一のオス・
カンペイです。カンペイが飛び掛ってがぶっといったら大変とケージに
入れて合わせました。
これもちびたち全く平気、かんぺいにも襲う気配はありません。
ケージから出したところ、お母さんと間違えているのかまとわり
つき、おっぱいを捜します。かんぺいもなめたりして可愛がる
みたい。

DSC_1199.jpg

まだ合わせるには問題がありそうなのが二匹残っています。
でも6匹が一緒になるのは時間の問題でしょう。

スポンサーサイト



2014/07/30(Wed) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
久し振り
梅雨の季節から初夏はあまり風が吹きません。昨日は
久し振りに少し良い風でした。と言っても冬の強風とは
全然ちがいます。



変換y1

古い6.5㎡+RRD105L、組み合わせとしてはぴったり
です。
この時は南西の風、短距離を行ったり来たりでジャイブの
繰り返し。
5往復くらいで息があがってきます。、

1407272.jpg

楽しかった!
2014/07/28(Mon) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アルジャーノンに花束を
RCの例会前、ロビーで会員の皆さん方と談笑して過ごす時間が
私は大好きです。最近は本好きな会員が集まり、さかんに本の
貸し借りがあります。
そんな本の1冊、馬場さんがにこっとして渡してくれました。彼
は私が買いそうにない本を貸してくれます。これもその1冊。
自宅に持ち帰ってからあの有名な映画になったものだと気づき
ました。



ページを開いて、あれっ自分の頭がおかしくなったのかと思いました。
ひらがなばっかり、句読点もありません。これを読み続けたら頭が
おかしくなる、そんな気がしてきました。
でも苦心して読み続けるとこの意味が分かってきました。知恵遅れの
人の文章なのです。原文は英語、それを日本語で表現した訳者の
工夫が素晴らしい。

201407241323_0002.jpg

まだ途中です。頭の手術を受けた主人公、文章も頭脳の発達に
伴って進化していく様が興味深いです。

馬場さん、珍しい本を有難うございました。
2014/07/24(Thu) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
上村松篁
家内が母の残した上村松篁さんの画集を探し出して
くれました。母は一時期、日本画を趣味としていました。
時には絵友達とグループ展をひらいたりするほど熱心に
描いていました。

恐れ多くもこの画集をマイブックの画材の一つとさせて
頂くことにしました。描き易そうなのを選び、その一部
だけをク描きます。鉛筆で下書き、彩色はクレヨン。氏に
叱られそうですね。

この黒い金魚、なかなか雰囲気が出たと自画自賛。

2-201407220648_0001.jpg

蓮の花は、特に葉の色が難しいです。



当分、画題には不自由しませんが…。
2014/07/22(Tue) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
紫 匂う
表紙の帯に書いてある通りの展開.。これは主人公の澪が
かっての想い人と…の悲劇かと気が重くなりました。
しかし、物語が進むにつれて夫:蔵太の男らしさが随所に
表れ、ひょっとすると悲しい話ではないぞと思えてきました。



題名の「紫 匂う」は蔵太が澪に見せたいと玄関脇に植えた
紫草のことです。

紫草は
「紫のにおえる妹を憎くあらば 人妻ゆえに吾恋ひめやも」と
詠まれています。
澪が口ずさんだこの歌に想いを述べる蔵太。ここで終わります。
素晴らしい本でした。

名古屋南RC近藤氏から。有難うございました。

2014/07/14(Mon) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新入り-2
家に連れてきて明日で1週間。少しずつ慣れてきました。
餌につられて隠れ場所から出てきます。
首筋が白い方を「シロ」、黒いほうを「クロ」と名づけました。
なんと安易な命名かと二匹は怒るのでは?

シロは大胆でもう家内の手から餌を食べるそうです。クロは
母親似かとても用心深く、餌を置いてもなかなか姿を現し
ません。



ひもでじゃらしてみました。二匹とも大喜びで遊びます。
ついでに猫パンチ。

DSC_0904.jpg

猫エイズが無ければ家で飼えるのですが、調べるのは
まだ二月先。気になります。
2014/07/14(Mon) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新入り
480gと600g、性別はまだ不明。我が家の新入りです。
昨年10月くらいに現れた時は子猫だった猫の子供で、
10日ほど前から姿を見るようになりました。
ところが親猫がいなくなってしまいました。子猫だけでは
生きていけない。心配しました。今週の火曜日の朝、とうとう
保護できました。早速、獣医さんに診てもらったところ、
生後1ケ月くらい・性別不明・のみとしらみはいるが健康との
こと。



こちらは前がおばあちゃん・後ろが姿が見えなくなった
お母さん、春の写真です。

DSC_0173.jpg

我が家には4匹の猫たちがいます。まだこのちびたちには
あわせていません。

この仔たちを最後まで見届けるには私たちは何歳まで元気で
いなくてはならないのか?
2014/07/11(Fri) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
キラリ人生
今朝の中日新聞・東京新聞の記事です。私たちの人生が
「キラリ」とは言い難いですがご縁があって載せて頂けました。
有難うございました。



2014/07/09(Wed) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
海上自衛隊 幹部候補生
少し前のことですが、ある勉強会で呉海上自衛隊と江田島
幹部候補生学校を見学。
呉では戦艦大和の1/10模型を展示した大和ミュウジアムや
陸上に展示した実物の潜水艦と現役の潜水艦まきしおを
見学。
大和は1941年に進水、私より1歳上。世界最新鋭の戦艦を
造りあげた日本、日本人の素晴らしさに感銘を受けました。
この技術はその後の日本の発展に大きく寄与したことは
間違いありません。

翌日は江田島の旧海軍兵学校、今は幹部候補生学校へ。
自衛隊に兵として入隊、15~20年たたき上げ、幹部となる
訓練を4ヶ月にわたって受けた候補生の卒業式に関係者と
して同席させて頂きました。
防衛大や通常の大学を卒業して最初から幹部候補生として
入隊した若者ではなく、平均年齢が20歳も高い学生です。
なかには50歳に近い人も。この人たちこそが自衛隊を支えて
いるのです。

海上自衛隊トップをはじめとした3名の祝辞には江田島以来の
歴史と伝統と言う言葉が必ず入りました。
これまで映像などで見てきた江田島が今でも継承されいます。



外では若い幹部候補生が整列して迎えています。

DSC_0751.jpg

87名全員に卒業証書が手渡されます。

DSC_0762.jpg

最後は学生・上官・家族ほか関係者が見送るなか
整列して江田島の正門に向かいます。
左手に卒業証書・右手は敬礼の姿で行進。中には
目を潤ませている卒業生も多いのです。

DSC_0778.jpg

最後は正門からはしけに分乗し、練習船へ向かって
行きました。

この卒業式、大きな講堂で行われますが、号令も祝辞も
全てマイク無しの肉声です。国歌斉唱は講堂中に響き渡り
陶然としてしまいます。

こうした人たちが日本を本当に真剣に守ってくれている
のです。感謝!
2014/07/08(Tue) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
夏!
2年ぶりに沖縄。いつものムーンビーチホテルへ。入ってびっくり
フラガール?で溢れています。フラのイベントが行われていました。
写真はありません。


 
初日はレンタカーの手続きに時間がかかり、ホテルについたらもう
4時近く、しかも風なし。あきらめてのんびり。

二日目は天気予報とは違い、結構晴れましたが、オフで弱い風。
家内はラッコ状態。

PIC_0455.jpg

私は大きなボードとセイルで時々ちょっと走る?

PIC_0409.jpg

帰る日は台風が近づき、ホテルの浜辺はクローズ。同じショップのある
瀬長島へいきました。ここは那覇空港の真横。絶え間なく飛行機が
降りてきます。

PIC_0509.jpg

ここも風向きはオフ、ブローはかなりきつい。家内は4.5で昨日のうっぷんを
晴らすかのように走り回っていました。

PIC_0611.jpg

私は6.0を使っていましたが、次第に風が強まり、家内の4.5で十分に
なりました。このジャイブは成功しました。

PIC_0878.jpg

しかし、帰る飛行機が飛ぶのか心配になり早めに撤収。那覇空港へ。
前の便への変更は席がなく、もし予定の便が飛ばなければ明後日しか
帰れないところでした。でもなんとか予定の便が飛んでくれました。
離陸時も飛行中も大揺れ、無事に帰れてよかったです。
2014/07/08(Tue) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鬼平犯科帳 1~3
あまりの評判の良さにもう全集は中古でもそろわないよと
耳にしました。しかし、出版社も流石に商売、新しい全集が
出ていました。
先ずは試しに1~3巻を購入。読み出したら止められません。
出張が続いたこともあって数日で3冊とも読破。4~6巻も
注文してしまいました。

2 201407021451_0001

2 201407021451_0002

2 201407021451_0003

さあ、26巻まで読みきるか?ほかにも知識として読みたい
本が机の上に重なっています。どうしましょう?
2014/07/02(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている
大震災で壊滅的な被害を受けた日本製紙石巻工場が
社長・工場長の強力な後押しのもと工場職員が一丸と
なって脅威の速さで再建。

本の紙を造る工場では日本最大、これが止まったまま
では日本の出版業が止まってしまう規模です。

紙を造る設備の巨大さとその運転に要する職人的要素、
これまで全く知らなかったことばかりで驚きました。

2紙つなげ

最近、本をめくるときに指を切ってしまうことが少なくなった
ことに気づきませんか?

本の種類によって紙質・厚み・重さ・色合いなども微妙に違う、
紙はその国の国力・文化レベルなどを明白に表してしまいます。

名古屋南RC:近藤氏が良い本だと押し貸ししてくれたものです。
有難うございました。 
2014/07/02(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLight 265号 『あたりまえー2』
続きを読む
2014/07/02(Wed) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る