fc2ブログ
影の巡礼者
私は読んでいませんが、あの有名な「寒い国から帰って
きたスパイ」の著者の作品。
あるインテりジェンスに関する本を読んでいたところ、その中に
スパイの実態を知るならと紹介されていたものです。発刊は
1991年、ですから古書店からの購入です。

あるイギリス情報部に属する引退間際のスパイが新人教育の
一環として40年に亘る活動を回想する形で話しは進みます。

201501291324_0001.jpg

誰が敵か仲間か・信じられるのか、どうやって裏切らせるか、
その情景と心理、丁寧に読まないと頭に入ってこない部分の
多い本でした。

この作者は今82歳にして新作を発表。早速購入しました。
「繊細な真実」です。読むのが楽しみです。
スポンサーサイト



2015/01/29(Thu) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
たつの
先ほど届きました。先月亡くなられた親しくしていたある
デザイナーの奥様から香典返しとともに送られてきました。
先生が私にと買い求めておられたのです。



先生には他にもいくつかの「「たつのおとしご」を頂いていま
した。その中での白眉とでも言うのがこれです。

KIMG0574.jpg


東京の方でしたが、石垣島にも大きな敷地の家を持たれ
そこでの開墾や農業を楽しんでおられました。お伺いしない
ままになっのが悔やまれます。 合掌。
2015/01/27(Tue) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オレンジぼうや
ここ浜名湖村櫛海岸は遠浅で私たちが遊んでいる海面の
ほとんどで足がつきます。でもところどころ深いところもあり
ます。それに転んだ際にプロテクターにもなるので、ライジャケは
いつも着用しています。

これまで使っていたもののジッパーが壊れ、ショップにあった
サイズのあうものがこれ、オレンジ一色です。遠くからも目立ち
ます。ショップの店長は一番の高齢者の私を「オレンジぼうや」と
言っているそうです(笑)。

a href="http://blog-imgs-76.fc2.com/n/i/c/nichigai/PIC_0792.jpg" target="_blank">

この日は午後から風が吹き、でも冬にしては弱く6.5㎡+105Lで
楽しめました。

KIMG0562.jpg

最高速は道具変われど相変わらず45km前後。もう一息速くなり
たいものです。
2015/01/25(Sun) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本人のためのピケティ入門
ベストセラー「21世紀の資本」をごく分りやすく解説してくれている
とのこと。原典がフランス語、その英語訳をまた日本語に訳した
本はとても読めない私は飛びつきました。
確かにあっと言う間に読めたのですが、それでも難しい。

資本主義の発展とともに富が多くの人に行き渡って所得配分は
平等化するはずだったのが、実際にはその逆であることを著者の
ピケティは証拠を集めて述べているのだそうです。



それで対策はとなると、累進課税・相続税の強化と資本への課税
が有効らしい。

資本主義が大きな曲がり角に来ているのは私にも分ります。さて
今後の社会はどう進んでいくのでしょうか?
2015/01/22(Thu) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
きのね
先日、亡くなられた宮尾登美子さんの本です。同氏の本を少しは
読んでいましたが、名古屋南RC近藤氏から代表作としてこの本を
薦められました。

貧しい塩炊きの家に生まれた光代が口入れ屋の紹介で歌舞伎
役者の大所帯へ女中として奉公。
いろいろあって同家の長男の子供を宿し、ついに正式な妻となる。

一人で出産する情景や夫の愛人への嫉妬、またつかの間に感じる
幸せ、などの描写は流石に宮尾さんならでは。



主人公の夫への思いと現実の生活から生じる辛いことの連続など、
楽しく読めるものではありませんでした。しかし素晴しい本です。
2015/01/21(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
霙まじり
時に霙のような雨が降る強風コンディション。3.9㎡+88Lフリスタ、
スラロームでは走りすぎて怖いので、このボードを使いましたが
聊かオーバーサイス。抜かれぱっなし。でも怪我するよりはと我慢
してそれなりに楽しみました。



翌日は少しはマイルドに、それでもかなり強風。80L+4.7㎡。
走りまわりました。でも最高で44.07km。

19-1.jpg

ひどく転ぶこともなく、無事に終了。寒さを吹き飛ばせる
元気な体に感謝!
2015/01/19(Mon) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サバイバル
これ、猫の餌です。袋が噛み切られています。
ちょっと出かけて帰ったら、出してあった餌と言う餌を
食べつくし、新しい餌を自分たちで調達。

えさ

























やったのはこいつら。なにしろ元気がよくて家のなかは
ぼろぼろ具合がますます進行。







sirokuro.jpg




























時にはこんなに可愛くねています。くろとあっ君はとりわけ
仲良しです。





10933983_794027864003606_4126600823207941353_n.jpg

























これだけ(6匹)いると私たちの行動に大きな制限がかかります。
でも一緒にいる楽しさ・幸せは得難いものと感謝です。

2015/01/16(Fri) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
吹いた!
寒波強風にめげず浜名湖へ。この時の風はたいしたことなく
5.2㎡・90Lで乗っています。45.57km。



その後、もっと速くとボードを80Lに交換。ところがいつの間にか
とんでもない強風に。なんだか上手く乗れません。急に下手に
なったのかと悪戦苦闘しながら戻ると。風速が18mくらいになった
みたいと聞かされました。乗れない筈です。

そしてあくる日、この日の予報は前日に増して強風。4.7㎡・80L.。
もうスピードどころではありません。立乗りです。

0112-4.jpg

しぶきが水煙になっています。それだけ風が強い証拠。

0112-1.jpg

ジャイブではほとんど爆沈。でも少々の筋肉痛になっただけで
楽しめました。感謝!


2015/01/13(Tue) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
窓から逃げた100歳老人
新聞の広告で見かけ、元気な100歳を目指す私としては読まずには
いられず直ぐに購入。

「100歳の誕生日パーティの直前、老人ホームの窓から室内履きのまま
逃走した。ひょんなことからギャング団の大金を奪ってしまい、アランの
追っ手は増えていく。けれども、当の本人はなるようになるさとどこ
吹く風。」 カバー裏の惹句。

この100歳になるアラン、爆弾つくりの専門家としてフランコ将軍・毛沢東・
トルーマン・スターリンら各国要人と渡りあい、数々の修羅場を抜けてきて
いる。



全くの出鱈目話しだが、世界の要人との付き合い・駆け引きなどの
なかには、本当の歴史はこうだったのではと思わせることが盛沢山。
実に面白い!
2015/01/13(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ニューイヤーコンサート
文化とは縁遠く音楽音痴の私たち夫婦ですが、名古屋南RC近藤氏の
お誘いで初めてニューイヤーコンサートを聴きにいきました。

前半はなんだか訳の分らないと言うか、まったくなじみの無い音の羅列で
いささか退屈しました。
でも後半はこの写真の方、池辺晋一郎氏と??氏のトーク、幸田さんのソプラノ、
最後には池辺氏作曲の大河ドラマ独眼流正宗のテーマ曲。これは迫力でした。
さすがに自分の曲だと指揮に熱が入るのが見てとれました。

いの

名古屋南RCクラブの多くの会員方も来られていて、新春の楽しい集いでした。
近藤さん、有難うございました。
2015/01/13(Tue) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
シャコバサボテン
寒さの厳しい今時分になると事務所北向きの窓際で
花を咲かせます。
特に肥料をあげることもなく、水遣りだけでここに置いた
ままです。でも毎年この花を見せてくれます。いじらしくて
なりません。



植物は置かれた場所で懸命に命をつなぎます。その生き方に
教えられます。
2015/01/09(Fri) | 環境 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
経済と人間の旅
昨年9月に亡くなられた高名な経済学者:宇沢さんの本を
初めて読みました。私は経済にうとくこの方を存じません
でした。

『人間の幸せに貢献するはず経済学が、実はマイナスの役割
しか果たしてこなかったのはなぜかと思うに至り、愕然と
した。経済学は人間を考えるところから始めなければいけない。』

とおっしゃています。この本はそうした観点での経済学への
批評が多くの述べられています。私には理解が難しいですが
その心は強く伝わってきました。




また私が最も強く感じたのは、宇沢氏の「志」です。普通の人が
幸せな世界にしたいという「志」です。当時の方々には「志」を
感じることが多くあります。
私の父が亡くなったあと、遺品の中に工業学校を卒業した時の
文集をみつけました。父も学んだことで世の中に役立ちたいと
篤い心を書いていて父を見直しましたものです。

自分のことはさしおいて、若い人たちには「志」を持ってほしい!
2015/01/07(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
乗り初め
昨日も今朝も浜辺に着いた時は車載の温度計で3℃。それでも
準備しているうちには4℃になりました。
最近のドライスーツは防寒性・防水性が優れているのでそれほど
冷たくは感じません。でも手は手袋をしていても指先の感覚が
無くなります。それも慣れてくると感覚が戻ったりもします。



向こう側が私。手前の人と乗り方が随分違います。道具の種類が
違うとこうなります。私はスラローム・手前の人はウェイブかフリスタ。
速さではスラローム、悪コンディションではフリスタ・ウェーブといったところです。


2-7.jpg

二日とも同じセットで乗れました。水面がフラットと言われる浜名湖でもこの
程度のうねりは出ます。

2-11.jpg

さて速度、初日は計器の操作ミスで記録が消えてしまいました。
二日目はこれ。速いスラローマーは60km前後です。でもそれは風上から
風下へ下るスピード。ちょっと失敗すると吹っ飛ぶ危険が大きい。
いわゆる高齢者の私は真似る程度。ですから私の場合は横から
風を受けて持続して走るアビームでの速度とほとんど変わりません。
また、つけているフィン(直立とウィード)の違いもあります。その点から
言えばまあまあだと自画自賛です。

2KIMG0472.jpg

乗り終えて帰るときにには5℃になっていました。この気温でも存分に
楽しめました。今年も元気に乗り初めできたことに感謝です。

でも、もう終わろうと岸へ向かって下るに、浅瀬を通るのでハーネスを
はずしストラップから足も抜いてしゃがみこんでプレーニングしていたら、
案の定フィンがヒットしました。もくろみ通り、前に吹き飛ぶことはなかった
のですが、セールに引っぱられた際に腰・膝に相当な力がかかったようで、
左膝の内側の筋を少し傷めました。今日はウォーキングほかエクサーサイズは
中止です。もっと気をつけろとの警告と思っています。、
2015/01/03(Sat) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLight 271号 『出る』
 明けましておめでとうございます。この新年も前年に引き続き、
かなり安穏な心で迎えられました。国の政策とそれを活かせた
社員の皆さんの熱心な取組みのお陰です。本当に有難いことと
感謝です。

 大晦日の紅白も途中で見るのを止めて寝てしまい、元旦の
今朝もいつものように暗いうちに起き、下ろしたての靴で小雪の
舞うなか日課の速歩。戻るころに少し夜が明けてきました。
今年も心身快調なスタートに感謝です。

 ところでこの歳になって気づいたことがあります。自分のことは
自分では分らないのです。自分ではこうだろうと思っていても、
傍からみるそうじゃないよ、なんてことがあるのです。
私は自分では気遣いが出来ると思っていましたが、家内や息子
からはとんでもない、会話を聞いていると何を言い出すか?
近くにいると心配で仕方がないと言われ続けています。
自分自身への評価とのギャップは大きい。でも自分の実態は
外にははっきりと『出る』のです。

性格は顔に出る   生活は体型に出る   本音は仕草に出る
感情は声に出る   センスは服に出る     美意識は爪に出る
清潔感は髪に出る 落ち着きのなさは足に出る

 友人の書いたfacebookの記事からの借用です。友人も何処からか
借りてきたものです。この中での二つ目「生活は体型に出る」は自信が
あります。私の体型は永年に亘る自分の生活の結果と言えます。
他のことはなんとも自分では判断のしようがありませんが、周囲の
人々からは分るのでしょう。
私も人を見ると自然にこうした事柄から、この人こわそうだな・ちょっと
機嫌悪いのかな、などとその人を判断している筈です。

 私たちは家庭・学校・職場などなど、小さな社会で殆どの時間を過ごし
ます。社会は人と付き合うことから始まります。人との付き合いがまずいと
社会生活が上手くいきません。
例え夫婦・親子と言えどこれらの評価が高いと言うか良い方がその関係は
上手く続き、幸せである可能性が高くなります。

 私たちはいつも「人間力の向上 専門性の強化」を大きな目標として
います。この『出る』も参考にして、人間力の目覚しい向上で仕事も生活も
いっそうの充実を願っています。今年も楽しく元気に進みましょう!  
2015/01/03(Sat) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る