fc2ブログ
元気!
7.0㎡+114L,久し振りの快走で楽しい。風は南西。
この風向の時はチャピチャピとした小さいけど不規則な
波を蹴散らしながらの滑走です。

最近の更新

どんな波にぶつかったののかお尻が水面と激突。
かなりな衝撃です。でもそのまま沈することもなく
すぐに体勢を立て直し。この姿を見ると吾ながら
「元気だなあ」です。感謝!
スポンサーサイト



2015/03/30(Mon) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
佳時無事
褒めて頂きました。このところ少し筆の運びのこつを
感じてきました。側筆にならないように筆を運ぶように
しています。そのためには腕全体で筆を動かすことに
なります。
果たしてこれが正しい書き方かどうかわかりませんが
しばらく続けてみます。

住201503261352_0001


住201503261352_0002


住201503261352_0003

先生にみてもらいながら書くのではないので、添削時に注意
されたことを自分で工夫します。この工夫も楽しみの一つです。
2015/03/26(Thu) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本史の謎は「地形」と解ける  文明・文化篇
本の紹介が続きます。著者は元建設省の技官として
日本のインフラ整備に携わってこられた方です。
その知識と経験・推理力で日本史や世界史の謎を解明
するだけでなく、特にエネルギー問題についても素晴しい
提案をされています。
これまでにも何冊かの著書を読んできました。今回のもの
にはあっと驚く話が載っていました。

日本中の木々がエネルギー源として使い尽くされようとした時に
黒船が来訪。偶然にも日本に豊富であった石炭をエネルギーと
して活用するようになり、緑が回復した。

日本人はどんなものも縮めてしまう。この理由は?殆どの
移動が歩くことによってなされた。荷物を軽くしたいところ
から全てのものを縮めてきた。
何故、主な移動手段が歩くことだったかには明確な理由が
あります。考えて下さい。

201503251054_0001.jpg


番外にはエジプトでナイル川沿いに沢山のピラミッドがつくられた
理由。多くの小ぶりなピラミッドはナイルの水を地中海まで導く
土手をつくる為。正四角錘で大理石仕上げの巨大な3基は
その工事の場所を知る灯台。

面白い話が満載。これは3部作の2作目です
2015/03/25(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「平和のプロ」日本は「戦争のプロ」ベトナムに学べ
著者は元国税庁長官。大学生時代に教室でベトナム人と
仲良くなり、ベトナムを身近に感じられた。
ベトナム人は日本人と同じく蒙古斑が出る。日本人と近い
人種。また日本と同じく大乗仏教が主流。

しかし、紀元前1世紀ごろから約1000年、中国の支配下に
あり、その後も幾度なく中国との戦いが続いた。
誰もが生きている間に戦争があるのが当然の国であった。
ひきかえ日本は第二次大戦と言う大戦争で負けたけれど
基本的に対外戦争の非常に少ない国。

人種的・宗教的には近くても戦争と平和への意識の違いは
大きく、それが人の考え方の違いを生んでいる。



人口が急減していく日本にとって、ベトナムとの友好は両国に
とって最も重要な国是。
安部首相にも読んでもらいたい本です。尚、著者とはご縁が
ありご交誼を頂いています。

尚、著者は退官後、ベトナムとカンボジアで日本語と簿記の普及に
尽力されています。
2015/03/24(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本の針路
日本が敗戦を迎えてから70年の節目に総理大臣が談話を
出す、その内容はこれまでの談話の内容を引き継ぐのか?
新しい視点を盛り込むのか、世界も注目し、中韓は様々な
ブローを投げかけてきています。

そんな折にぴったりの本です。4~5世紀あたり日本が国と
して登場しだしてから、現在に至る中韓、特に韓国との間で
起こった事々をかなり詳しく説明しています。教科書とは違い
読み物仕立てなので、とても理解がしやすいです。
実に様々なことが起きています。その過去が今の関係にも
大きな影響を及ぼしているのが良くわかりました。
もちろん、中国との間も同様に問題山積です。



果たして安部首相はどのような談話を出すのか?この本に
かかれたことも十分に踏まえ、慎重の上にも慎重を期して
もらいたいものです。
著者はMr外交と言われた元外務次官、さすがです。

名古屋南RC近藤氏から。良い本を有難うございました。
2015/03/16(Mon) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
どこが?
またカレンダーを模写しています。私の描いたものの
大きさ・色使い・形の上手い下手は無視して下さい。
この3匹、微妙に違うのです。

2ライオン3匹ー2

見つけて頂いても景品は出ませんので悪しからず。
近々、他の動物で出すつもりです。
2015/03/15(Sun) | 好み | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
街路灯完成式
原駅前商店街の新しい街路灯の完成式に出席して
きました。前日までの荒れた天気も回復し、風は少し
冷たいものの、暖かい日差しのなかで行われました。

テープカットもやらせて頂きました。

DSC_0742.jpg


その街路灯はこれです。100基です。

KIMG0882.jpg


従来は他社の製品でしたが、それらのメンテナンスも行い
今回の新設につながりました。
営業・工場・工事の皆さんの努力の賜物です。ご苦労さま
でした。
2015/03/15(Sun) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
にっぽん丸
名古屋商工会議所が名古屋港へのクルーズ船訪問を
増やすため、先ずは会員にクルーズを体験してもらおう
との企画に家内と参加。夕刻に名古屋港から出航、
翌朝には横浜港へ入港の短いクルーズです。
この日は全国的に大荒れ・寒波、出航するのか心配に
なるほどでした。

にっぽん丸 ブログ

夕食はほぼ同年代の立場も似たご夫婦と同席となり
話もはずんで楽しい時間が過ごせました。
ジェネラルマネージャーからは夜を満喫してほしいとの話が
ありましたが、相変わらずの早寝早起きで、朝は暗い
うちからデッキへ、でもかなりの揺れで真直ぐ歩けない
ほどでした。

こうしたクルーズ船が数多く名古屋港に来るようになれば
あの辺りに留まらず、名古屋の活性化に大いに役立つ
ものと期待大です。
2015/03/13(Fri) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Picasa
マイブックに絵と言うか漫画を書き出して3年目、時にはブログで
紹介させてもらったりしています。
先日、近くの席にいる高崎君に Picasa の使い方の一端を
教えてもらいました。先日のウィンドサーフィン画像はそれで作り
ました。
「絵」を沢山いれたら面白しろそう(私にとってですが)になった
ので載せてみました。

スケッチ 2 burogu

次回にはもっと絵も選びそれぞれの大きさや角度・配置など
工夫してみます。

2015/03/10(Tue) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
世界が日本経済をうらやむ日
題名に惹かれて購入。難しいところは目だけ通し
現象面はなるほどその通りと喜んで読みました。

◎「インフレ目標」が最も重要
◎銀行貸し出しが増えないのに、なぜ景気が回復
  したのか
◎小泉構造改革に欠けていたもの
◎非正規雇用が激増した理由
◎円高が地方を衰退させてきた
◎アメリカも日本の景気回復に期待している
◎現在の株価はバルブではない
◎世界の投資家は日本の財政赤字を気にしていない

2-201503091258_0001.jpg


次は成長戦略、それは通商産業省が何々の分野を
成長させようと目論むのではなく、岩盤のような規制を
撤廃させていくこと。

是非、安部首相には規制緩和の実をあげてもらいたい!
2015/03/09(Mon) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
久し振り
この冬はどうしたものか週末ごとに雨とか無風とかで
ウィンドサーフィンは2月11日を最後に全くやれていません
でした。

この土曜日も予報は駄目でした。それで朝はしっかりと
歩きました。途中でジョギングもいれて90分。その後は
腕立て・スクワット・懸垂・四股のエクササイズ。ハードなものでは
ありませんよ。

2馬飼 6

日曜日もあきらめていましたが、ひょっとして少しは吹く
かもと言う予報の木曽川ネイチャープラザへ。ここは近いし
環境は最高。
最初は風なく漂っていました。でも2時ごろから1時間ほどは
楽しめました。プレーニングは1ケ月ぶりです。楽しかった!
2015/03/09(Mon) | ウィンドサーフィン | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
数楽アート?
ちょっと見はこれでなにかの作品のようです。残念ながら
ある街路灯器具のてっぺん部分を積み重ねただけです。



しばらく前に「世にも美しい数学」と言う本を読みました。
当社のような中小企業が同じような機械設備を使って
数式を形にした製品を造っているを知りました。

その製作過程はとても参考になったのですが、当社の
工場ではまだそうしたものの製造には取組んでいません。

でも今朝の工場で見かけたこの光景。同じ部品でも多く
集まれば、それなりに美しいと感じました。

2015/03/06(Fri) | 製品 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
間合い
 歩いていると無人の荒野ならいざ知らず、歩道や駅の
コンコース・ショピングセンターなどでは反対方向からくる
人とのすれ違いがあります。
そんな時にどんな対応をしますか?顔も定かに確認できない
ほど離れていれば、真直ぐ進んでいくでしょう。
だんだん近づくと向こうから来る人に、注意をはらっているのが
分ってもらえる程度の動作、例えば少しよけるために体半分くらいの
幅で横へ移動します。
でも全くそんな気配を見せず、と言うかこちらののことに全く気づいて
いないのか、ぶつかってもかまわないような感じで進んでくる人が
結構あるように感じませんか?
本当に気づいていないのか?気づいていないとしたら周囲への
注意力に欠けた人です。気づいていても相手がよければいいと
考えているのか?この頃はそうとしか思えない人とすれ違うことが
多くあります。
多分、たいていの場合「間合い」をとることが不得手なのか、ゆずると
言うことを知らないのだと思います。悪気があってとか、ぶつかった
ら怒鳴ってやろうとまでは考えてはいないでしょう。
こうした間合いの取りようもない雑踏とのなかでも、やはりそれなりに
間合いは必要です。

 この間合い、辞書には『1. 物と物とのへだたり。 2. 動作をするのに
適当な時機。』と説明があります。
格闘技では間合いの取り方の上手い下手が勝負の分かれ目です。
剣道では「遠間から一足一刀の間合いに入るまでの駆け引き」が
勝負を決めると言います。相撲の立会いも同じことです。この頃は
横綱でさえ立会いが合わず指導を受けるのをしばしば見受けられます。
勝負の醍醐味が減ってしまいます。

 間合いの重要さはこうした人と人とのすれ違いや格闘技だけの
ことではありません。車の運転でも他の車・自転車・歩行者との
間合いの取り方の上手い下手が事故に大きな関係があるのは
当然です。
 以前、242号「待てば…」で車の運転について、「前に出るな・後ろへ
回れ」と書いたことがあります。機先を制するように他の車の前に
行こうとするから事故になる、その後ろへ回れば、追突される以外の
事故は起こりようがないと言うことです。
先に出るか過ぎるのを待つかの間合いが上手く取れれば安全な
運転だけでなく、様々な行動がとてもスムースに行きます。
上手く間合いを取るよう心がけてください。また間合いはこうした
物理的なことだけでなく、心理的な面でもとても大切です。
それについてはまた改めて書くことがあるでしょう。
2015/03/03(Tue) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
御松茸騒動
舞台は尾張藩、あの将軍吉宗の質素倹約に反して
奢侈で文化絢爛、宗春の次と次が殿様の時代。

江戸藩邸の若き秀才が父の同僚の失態に巻き込まれ
国許で松茸同心を命じられる。

当時でも松茸は庶民の手に届かぬ貴重品。尾張藩では
植田・上野の山で不作が続いていた。

なんとか豊作にして出世の階段へ戻りたいと悪銭苦闘の
主人公。




苦節10年、山を松茸の生育にあうよう改善、豊作に。この話の
背景は幕府から失脚させられた宗春の治世は万民の幸せを
願ったものであったと、尾張の住人には嬉しい結末。

一気に楽しく読めました。名古屋南RC近藤氏から。
2015/03/03(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
足助 ぼんぼり
足助の町を当社製の「ぼんぼり」が引き立てています。まだ完成した
ばかり。
街路灯にしては灯器が小さいですが、「ぼんぼり」をイメージしていると
思うとこのサイズになるのでしょう。町の方々のこだわりが形になったと
好評です。

KIMG0756.jpg

KIMG0749.jpg

サインは一昨年に納入させて頂いたもの。町内にいくつもあります。

KIMG0750.jpg

ついでに私も

KIMG0754.jpg

訪れた時は有名なひな祭り、多くのお店・住宅に飾られていました。

large-548d3f2f5911f.jpg

営業から提案・製作・施工まで社員諸君の努力の賜物です。有難う!
2015/03/01(Sun) | 製品 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る