fc2ブログ
風神雷神
豊臣時代末期から徳川幕府成立の初期に生きた
偉大な画家:俵屋宗達の生涯。
扇屋の養子となるも絵を描く以外はぼんくら。しかし
今でも最高の能筆家と言われる本阿弥光悦との
出会い、また幼馴染達が造る紙と印刷が宗達を
育てる。
人生末期に描いたこの風神雷神は宗達と光悦を
表しているようです。


201710280712_0002.jpg

当時の絵は襖・屏風・扇などに文と共に描かれる
ことが多かったようです。
宗達の絵に書かれた光悦の字。やり直しのきかない
真剣勝負。

201710280714_0002.jpg
201710280714_0001.jpg

象の絵もありました。

201710280714_0003.jpg

私もここ数年、書と絵(漫画?)を手遊びのように
やっています。宗達や光悦のような天才の頭と腕は
どうなっているのか?驚くばかりです。

名古屋南RC近藤氏から、素晴らしい本でした。感謝!
スポンサーサイト



2017/10/28(Sat) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日展
日展のポスターと陳列されない旨の連絡が届きました。
あらためて日展の歴史と規模・権威を認識しました。
これほどの展覧会に応募したとは身の程知らずの
極まりでした。
しかし、私が指導を受けている近藤先生のもとからは
陳列される方もおられます。


Desktop49.jpg

先生からはこれまでとはレベルの違うご指導も頂く
ことでレベルアップを図ります。
2017/10/26(Thu) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マイブック 2017年10月11日~20日 しりとりのだいすきなおうさま 3
今夜のおうさまの食事はサンドイッチから始まりました。
何から始まっても最後は大好きなプリンです。


201710241400_0002.jpg
201710241400_0003.jpg
201710241400_0004.jpg
201710241400_0005.jpg
>
12日から17日のコックさんはこうして並んでいました。

201710241604_0001.jpg
2017/10/24(Tue) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
蟋蟀在堂 2017年10月提出
今月も近藤先生は日展の審査員をお勤めですが、
次ぎの課題を頂きましたので、このお手本は終わりと
しました。

1書 蟋蟀在堂 2017年10月提出
2Desktop48.jpg

3書 蟋蟀在堂 2017年10月提出1

画像の貼り方が雑になってしまいました。でも字を書く感覚は
少し変わってきて、書く楽しみが増してきました。
2017/10/20(Fri) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
いきものガンバレ
豊明工場の私の部屋にかけた絵です。愛知万博で
総合プロデューサーを務められた建築家の原田先生が
描かれました。
今年の5月、原田先生のグループ展(彩寿会)でこの
絵を観ました。
多くの生き物、動物も植物が画面一杯に共生して
いる姿に深く感銘をうけました。

先月、先生が初めての個展を開かれ、この絵も展示
されていました。私が頂くことにしました。




31508228069400.jpg

原田先生が構想される都市計画には高層の建物が多く
出てきます。それは全ての生き物の地面水面を確保し
人と共生する手段だと言われています。全く同感です!



2017/10/18(Wed) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
銀の猫
江戸の町は、長寿の町だったそうです。子供はふとした病で
あっけなく亡くなるけど、五十過ぎまで生き延びればたいていは
長生きで、七十、八十の年寄りはざら、百歳を過ぎた者もいるそう
です。

そうなるとどうしたって、今と同じく、呆けた年寄り、介護の必要な
年寄りが大勢。そんな人たちを介護するのが介抱人。
またこの時代、そうした年寄りを介護するのは、第一にその家を
相続した者、つまり当主です。それが孝行の考。

こうした江戸の町で介抱人を仕事とする女性がこの話の主人公。
いくつかの短編になっていますが、全部がつながる話。ほろりと
したり、主人公の親子喧嘩があったり…。一気読み。
 


もう一冊。

201710161340_0001.jpg

こちらも短編集。帯にあるように読む落語。朝井まかてさんの
本は筋書きと言い表現と言い、実に素晴らしい!

いずれも名古屋南RC近藤氏から。
2017/10/16(Mon) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マイブック 2017年10月11日~10日 しりとりのだいすきなおうさま 2
しりとりを始めて家来たちを困らせだしたようです。

201710101520_0001.jpg
201710101527_0001.jpg
201710101520_0003.jpg
201710101520_0004.jpg
201710101520_0005.jpg

原画の色の再現は難しい。水彩絵具で描けばより良い表現が
出来るとは思うのですが、時間がかかりそうで踏み切れません。
先ずはもっと多色の色鉛筆を探します。
2017/10/10(Tue) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
巻物
私宛にこの巻物が届きました。何か免許皆伝になったのか?
いえいえ読売書法展への出品作が表彰状とともに戻ってきた
のです。



その冒頭がこれ、全て開くと5m程になります。

3Desktop47.jpg


入選と言うのはもっとも下の表彰です。

Desktop46.jpg

同じお手本で書いたものを日展にも出品しました。ご指導頂いている
近藤先生からは来年の出品に向けて新しいお手本を頂けるそうです。

「書」は趣味と言うか一生続けたい生活の一部となってきました。
2017/10/07(Sat) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
変身
水遣りや肥料の入れ方がまずかったのか、とりわけ日々草の
萎れがひどくなりました。

a花1

本社と分室の玄関先に置いてあるので、このままではみっともない。
先ほど萎れた花を取り除き、新しい秋の花を植えました。
取り除いたものはゴミとして捨てるのではなく、土に帰るよう駐車場の
植え込みに置きました。

2Desktop45.jpg

しばらくすれば新しい花も根付いてきれいに咲いてくれるでしょう。
2017/10/05(Thu) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マイブック 2017年9月21日~30日 しりとりのだいすきなおうさま 1
新シリーズです。この絵本は王様だけでなく様々な動物や小物、
とても楽しく描けます。


201710021436_0002.jpg
201710021436_0003.jpg
201710021436_0004.jpg
201710021436_0005.jpg

こんな簡単な絵でも、毎日のような描くことで目と頭と腕が
少しずつ磨けるのではと期待しています。
2017/10/02(Mon) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
らいLight 304号 『いのち』

201710021325_0002.jpg
2017/10/02(Mon) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る