fc2ブログ
野獣のような…
添削して頂きました。一筆ごとの心がけに注意がありました。

このところ少し筆が使えるようになってきたと感じています。
もちろん今のレベルでのことで、どこまでも練習あるのみです。

書を始めたときから文字は基本的に縦横の線の組合せ、
縦横の線が自在に書ければ、後は形。それは感性による、
縦線横線を練習しよう、と少しやっていました。

しばらく前から書き始め・書き終わりに特に縦棒を練習。
そのきっかけは著名な書家の入門希望者への一言です。
篠田桃紅さんの本に出ていた「縦何千本・横何千本」。

特に縦、筆を柔らかく持ち、静かに息を吐きながら下へ
下へと筆を運ぶ。息のぶれ筋肉のこわばりが線に出ます。
時にはきれいな縦棒。息が上がってきます。最も緊張する
練習ですが、これが面白い。



201506241449_0002.jpg

201506241449_0003.jpg

「書」、生活の大切なものとなっています。近藤先生、ご指導
有難うございます。
スポンサーサイト



2015/06/24(Wed) | 余暇 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ