fc2ブログ
「緋色の習作」「四つのサイン」
ある小説に世の中にはシャーロッキアと呼ばれる
ンシャーロック・ホームズの熱烈なファンがいると書いて
ありました。
これは読まなきゃと第1・2作を購入。主人公達の
説明から始まりました。

ストーリーはそれなりに面白く、一気読みです。
それにも増して興味深いのが当時の通信・
交通など、世の中のインフラ。


1887年のロンドンから始まります。交通手段は
馬車・海なら蒸気機関の船。通信は電報が主。
灯りはどうだったのか?エジソンが電球を発明した
のが1879年。当時のロンドンで普及していたのか?



3巻以降も読むかは思案中。
スポンサーサイト



2015/07/31(Fri) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ