fc2ブログ
憲法改正とは何か アメリカ改憲史から考える
題名の通り、アメリカ憲法がいかに成立し、改憲されてきたかを
詳しく説明しているものです。
先ず、連邦の集まりでありながら一つの国家としてどう独立を
保ち運営していくのかなど、アメリカがアメリカとして成立していく過程が
詳しく述べられます。
その中で憲法が果たした役割。歴史も伝統もないアメリカにとって
憲法は国家を統一する唯一の手段でしたし、今もそうでしょう。



翻って日本、「不磨の大典」であるかのように神聖し、みだりに
触ってはならないように扱いながら、本当には大切にしていない。
憲法改正をタブーとせず、より良い日本のために議論を重ねる
時期と思います。

素晴らしい本です。名古屋南RC近藤氏から。
スポンサーサイト



2016/09/27(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ