fc2ブログ
現代語訳 学問のすすめ
あの有名な「学問のすすめ」、あれほど有名な福澤諭吉の名著、
でも読んだことはなかった。
豊工事務所で牛田君が読んでいたのを見かけ貸してもらいました。
ひとが社会で役立つ活動をするには、またひとは社会に役立た
なければならない、それには学問が必要だと、繰り返し説いて
います。
当時の日本は文明的に欧州・米国から相当に遅れ、隣の中国は
英国に冨を簒奪されている、そんな中で日本がどう独立を維持し、
文明を進歩させられるか、国民全てが学問を志し、国家に貢献
しよう!と言う強い意気込みをひしひしと感じます。



実は父が工業専門学校を卒業したときのアルバムにも、学んだ事で
世の中に役立ちたいと書いてあったのを見かけ、父を見直した覚え
があります。
私たちも自分のことだけにかまけず、世の中への貢献への意志と
実践が必要と強く感じました。
スポンサーサイト



2017/06/12(Mon) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ