fc2ブログ
老いの才覚
 80万部とか売れています。私は別に売れているから
買うとか、何とか賞をとったから読むとかはありません。

でも自分が「老い」の年代に入った自覚があるので題名に
ひかれて読んでみました。

 年を重ねても自立しない老人が多いと著者はなげいて
います。せめて私は著者にこんな老人もいるよと言える
ようになりたいと日々の精進を怠らないつもりです。


老いの才覚 








 著者の考えと私の考えが似てると言ってはおこがましい
ですが、とても似てます。もちろんやってきたことには
雲泥の差があるのは承知しています。

 年に応じた才覚を磨き続けたいとあらためて感じさせる
同年代の方々には読んでもらいたい本です。
 
スポンサーサイト



2011/06/16(Thu) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ