fc2ブログ
空白の桶狭間
 織田信長が今川義元を撃ちとった桶狭間の合戦。
小さな頃は奇襲が成功したと単純に受け止めていました。

 しかし、いくら当時の戦いとは言え、清州から熱田を
通る織田軍が全く今川軍に気づかれずに奇襲できるとは
どう言うことだろうと疑問を覚えるようになってきました。

 この説明には様々な説があるようです。その一つに
織田信長の治世が素晴らしく、道中の領民が全て協力
していたの言うのもありました。ちょっとそうかな?
と思ったりしていました。

桶狭間 








 ところがこの本はそんなものではありません。これなら
やれると納得できるものです。簡単に言うと織田信長は
今川義元に降伏すると見せかけて桶狭間に行き、騙し打ちを
した。もちろんこれが成功する前提にもこれまで聞いたこと
がない条件がいくつもあります。それらもえっとびっくり。

 よくぞこれを突き止めたと著者に敬服です。実に面白い!
スポンサーサイト



2011/11/09(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ