fc2ブログ
脳はなぜ「心」を作ったのか
 またまた衝撃の本です。少し前に紹介した
「錯覚する脳」の前作です。
いわば「心」とか「意識」についての地動説と
著者は言っています。

 指を動かす時、動かそうと意識して指の筋肉が
指令が行くと思うでしょう。でも違うのです。
意識する前に指を動かす運動準備電位(電圧)が
上がるそうです。

頭脳 








 「動かそう!」と言う「意図」を意識するより
前に、「無意識」のスイッチがはいり脳内の活動が
始まっているのです。そんな馬鹿なと思います。
でもこの実験結果は正しいらしいのです。

 結局、「人の「意識」とは、心の中でコントロールする
ものではなく、「無意識」がやったことを後で把握
するための装置にすぎない」とのこと。

 どうですか?私はそうかも知れないと思い出して
います。
スポンサーサイト



2011/12/20(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ