fc2ブログ
獣の奏者
知る人ぞ知るベストセラーです。先ず前半の闘蛇編・王獣編を
読みました。
空想の時代・場所に空想の動物が主役です。内容は下に
書いてある通りです。読みだしたら止まらないほど引き
込まれました。
私の感想では伝えきれませんので、惹句の帯ごと載せました。


kemono-2 

これで完結の筈が、読者の押された著者が新たな思いで
続編を書きました。こちらは読み続けるのが辛い。でも
もちろん読了。最後は少し希望を持たせてくれます。

kemono-1 

私が知るこの方の本は全てファンタジー。でもこの歳になっても
感動を覚えるものばかりです。
スポンサーサイト



2012/09/14(Fri) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ