fc2ブログ
らいLIGHT 245号 『小さなことで…』
 また本からの話題です。9月に「小さなことでいいから、先ずは
一番になりなさい」を読みました。
仕事を楽しみ成果を上げるノウハウ本です。とても簡単で誰でも
出来ることが沢山書いてあります。
例えば、かかってきた電話を取るのが一番・出社が一番・声かけが
一番・日報など報告が一番、などなど。
やろうと思えば誰にも出来そうなことです。
こうした実践が周囲の目を変える→評価が上がる→やるのが楽しくなる
→成果が出やすくなる。自然に好循環が始まると言う話です。
それなら自分はこれで行こうと思い浮かべることがありませんか。
思ったら即実行です。

 日本街路灯では全員が「日本一」を持っています。
言いだした当時、私は63歳で「63歳の社長として日本一元気」と
書きました。
まったく根拠のない日本一ですが、本人としてはかなりその気でした。
それにその歳頃から新社長になる人は少ないので、歳を重ねる毎に
競争相手は減っていく。元気日本一はますます確固たるものになる筈だと
思っていました。日本中で捜しまわれば私より元気な同年代の社長が
いるのでしょうが、身の周りには見当たらないようでした。

 社長がこんな日本一を言いだすので、社員諸君の日本一もやはり
評価のしようの無いことでのものが多くなりました。
それらは自分では思っていても、実証は難しいものとなります。
そこで誕生日メッセージなどで、小さく具体的なことでの日本一を
考え、その実現に向けて毎日の習慣として継続しようと多くの諸君に
書いています。
一つことを一年も続ければ何か手応えとか進歩を感じる→もっとそれを
磨き続ける・もしくは他にも目標を造る、こうした積み重ねが成長と
なります。

 最近、公的なもしくはそれに準ずる資格を有する諸君をその資格毎に
顔写真を載せて掲示しています。多くの資格を持つ社員は資格の数だけ
顔写真が載っているのです。それぞれの資格を得る難度に違いはありますが、
これらの資格が当社の実力を支えています。全員が資格を増やすことでの
一番も目指してほしい。
また、当社は社名には製造がついていますし実際に造っていますが、
それだけではありません。その周辺のソフトも幅広く手掛けています。
それを支えるのが貸借対象表には表れないこうした社員の力です。

 皆さん、先ずは小さなことから、そして段々とレベルの高い一番を
目指しましょう。どんなコトもモノも、全て小さなことの積み重ねなのを
肝に銘じて下さい。
スポンサーサイト



2012/11/02(Fri) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ