fc2ブログ
一万年の旅路
 人類が発祥の地・アフリカから地中海を越えてユーラシア大陸に
生存地域を増やし、その一部が北米大陸に渡り、広まる
歴史を口承で受け継いだ著者が文書化。

 とりわけ、現在より水位は低かったものの、水没が
始まっていたアリューシャン列島を知恵と工夫と全員の協力で
渡る場面は圧巻。

tabi 

























 話は時代を行き来し、様々な集団が登場するが、主人公は
北米インディアンとして定住し現在に至る集団。
出会う集団の中にはネアンデルタール人と思われる人々・多くの民を
支配する少数のエイリアンではないかと思われる集団も出てくる。

 1998年に読み、先月に再読。人類史としても評価できる
のではないかと思う。
スポンサーサイト



2012/12/07(Fri) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ