fc2ブログ
人間はひとりで生きられない
チベット仏教の指導者であり、亡命政府を率いる
ダライ・ラマ十四世が20年前にロンドンで行われた
講演の記録です。

私たちがなじんだ日本の仏教、特に他力で
浄土に行ける信じ、南無阿弥陀仏を唱える
だけの自分には些か趣の違うものでした。
修行や瞑想をとても大切にされています。

ダライラマ

しかし、氏は「私は誰と会っても、その人が
偉大な人であるか、乞食か、ただのふつうの
人か、そんなことに何の違いも見出さない。
一番肝心なのは、相手に笑顔を見せること、
ほんとうの人間の表情を見せることだ。」と
言われていることに感動!
極力そうしようと思いました。
スポンサーサイト



2013/02/12(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ