fc2ブログ
中曽根康弘が語る戦後日本外交
元総理大臣の中曽根康弘氏と政治・外交などの研究者7名との
対談集。
戦後、政治家を目指したところから閣僚・総理大臣をつとめた
間、そしてその後から現在に至る中曽根氏の政治手法と主に
自立した国家としての憲法・防衛などを語っています。

naka

これを読む限りにおいては、戦後の総理大臣として傑出した
存在であり、現在の大きな日本への原動力であったと思います。
海軍の軍人として戦争も体験したことが氏の精神・考えの基に
あるのが分かります。
しかし、氏に対し全く逆の評価を下す意見も耳にします。

名古屋南RC近藤氏から借用。借りなければ読もうと思わない
本でした。
スポンサーサイト



2013/08/31(Sat) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ