fc2ブログ
ライス回顧録
2001年からジョージ・W・ブッシュ大統領の国家安全保障担当大統領
補佐官、2005年からは国務長官として、世界へ自由と民主
主義を敷衍させるのを使命としてブッシュ大統領を支えた氏の
回顧録。
自由と民主主義こそが世界を平和にし人々の幸せにつながり、
それがアメリカにとって最も望ましいと言うことです。

こうした本は初めて読みました。アメリカと言う国が日本をはじめ、
欧州の先進諸国とも全く違う面を持っているのを知りました。
どんな人種の人もどんな国から来た人もアメリカ人になると、その人
はアメリカ人になるのです。これはアメリカと言う国の成り立ちがそう
させるのだと思います。他の国では、日本ならとりわけそうは
いきません。

 また国を率いる首脳たちの仕事振りの厳しさ・忙しさは大変な
ものですし、それを支える知識・経験・思考力・決断力などなど、
並の人に出来るものではありません。 日本の総理にもそうあって
もらいたい。




文庫本なら1300頁を超える長編。すこしずつ丁寧に読みました。
貸して頂いた名古屋南RC:近藤氏に感謝です。
スポンサーサイト



2013/10/24(Thu) | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ