fc2ブログ
雍正帝
中国では習近平主席が主要な役職の殆どのトップとなり
国家の全権を掌握しつつあります。確固たる独裁者と
して中国を率いていこうとの覚悟を決めたのでしょう。

中国は経済では成長したものの、一党独裁であれば
陥る必然の状況がひどくなり、このままでは大衆が離反
する懸念が増大しつつあるようです。

そこで習近平主席は大衆の味方である独裁者として
歩みだそうとしているのではないでしょうか?



雍正帝は満州人が建国した清王朝5代目の皇帝です。
たった一人の独裁者として、寝る間も惜しんで官僚組織の
かなり末端まで個人と個人の文書のやりとりで目を配り、
綱紀粛正・大衆の生活安定に努めました。
治世13年で病を得て退位しましたが、独裁者として中国の
歴史に類をみない治世を行った皇帝です。

習近平主席にも、全ての権力の頂点に立つなら雍正帝を
目指してほしいものです。また雍正帝は、自国のことだけに
注力し、周辺の国々へは威力を行使することはなかった
そうです。これも見習ってほしい!


スポンサーサイト



2014/08/14(Thu) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ