fc2ブログ
月のしずく  月島慕情
浅田次郎氏の短編集。いずれもはらはらどきどき、思いもかけぬ
展開の最後は涙あり、ほっと笑顔あり。悲しい結末であってもそれは
人として全うな生き方であったりと、どんどんと引きこまれてしまい
ます。



201409100833_0002.jpg

「鬼平犯科帳」とは趣きが異なりますが、いずれも人情味が溢れた
内容で、読み出したら止まりません。
名古屋南RC近藤氏からお借りしました。面白い本を有難うございます。
スポンサーサイト



2014/09/10(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ