fc2ブログ
錦秋名古屋顔見世
久し振りに歌舞伎鑑賞。文化的なことにはあまり縁がない
野蛮人の私が自分から行こうと言う訳はありません。
取引先銀行の観劇会への参加です。

御園座は解体中、市民会館での開催。幟などなくいささか
寂しい。席は前から2列目右端。こんな前ではと危惧した
けれど、舞台は奥行きがあるのでそれほど不具合は感じ
なかった。むしろ役者の表情などはっきり見えて良かった。



歌舞伎を見てそれほど面白いと思うことはないけれど、
役者の発声・体の動きへの鍛錬には感心します。
ちょっとやそっとの稽古で出来るものではなく、幼児の
頃からの積み重ねの賜物、それこそ親から子へと連綿と
続く伝統の力でしょう。
スポンサーサイト



2014/10/22(Wed) | 世相 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ