fc2ブログ
らいLight 272号 『できん ×』
 先月は自分のことは『出る』でした。覚えていますか?
外から見られて恥ずかしくない自分にしたいものです。
それには自分で自分を鍛えるしかありません。例えば
「生活は体型にでる」、どんな体型が望みなのか?
なりたい体型を目指す生活を毎日続けるのです。そこで
「できん」と言っては望みの体型にはなれません。
いやー大変だなと感じても「できん」とは言わない、少なくとも
「でき難いけど頑張ろう」と言って実践しましょう。

 私事ですが、私が「できん」と言うのを皆さん耳にした
ことがないと思います。私がやっていることや、やろうと
していることは、たいしたことではありません。
たいていはちょっと頑張って続ければなんとかなりそうな
ことばかりです。ですから殆ど「できん」とは言いません。
面白そうなことを見つけると先ずやってみます。それが
いつくか集まって今の私の姿になりました。今でも新しい
ことに取りかっています。

 「できん」と言ってしまえば、ものごとはそこで終わり。
問題の解決はもちろん進歩も成長もありません。
人は慣れたことを一生懸命にやれば、それなりに充実感が
得られます。それで満足するのも生き方の一つ、悪いことで
ありません。
しかし、でき難いことをなんとかしようと努力するから、人と
して成長していくし、会社も経営を続けられるのです。
世の中には何百年も続いた老舗があります。傍からみれば
同じことを繰り返すだけで経営が続けられて羨ましいなあと
思いがちです。しかし、それは違うはずです。
継続への絶え間ない精進がそのなかには秘められているの
です。「できん」などとは無縁でしょう。
日本街路灯でも同じです。納期とか難易度とか初めてのこと
とか、やってよと頼まれると反射的に「できん」と返事して
しまっているのをしばしば耳にします。
こんな場合も「できん」と答えるのではなく、せいぜい「難しいなー・
できるかなー、なんとかやってみるよ」くらいの対応をしたいもの
です。本当は「難しそうだな、それだけにやりがいがある、やって
やろう」と応えてもらいたい。

 こうして「できん」と言わないことが全員の意識となれば、それは
皆さんの日々が充実するだけでなく、日本街路灯がますます特色
ある会社へと進化を続ける原動力にもなるのです。
今年もまだ1ケ月過ぎただけ、『できん ×』をしっかり意識して公私
ともに今年をより素晴しい年にしましょう!
スポンサーサイト



2015/02/02(Mon) | らいLIGHT | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ