fc2ブログ
青い空

 江戸時代のキリシタン禁制にまつわる話。
幕府がキリシタンを撲滅するために仏教を利用した方法を初めて知った。
 誰もがどこかの寺院の檀家となり、寺のため祖先のため、お金を払い
月参りなど供養の行事を熱心に行なわないとキリシタンと疑われる。

青い空 090325

 

 

 

 この風習が今にも残り、キリスト教などに比べると祖先への宗教行事の
煩雑さとなっている。しかも江戸時代の仏教は宗教として本質を全く
なくしていたらしい。
 ストーリーもさることながら、江戸時代以降の宗教史としても面白かった。

スポンサーサイト



2009/03/25(Wed) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ