fc2ブログ
「平和のプロ」日本は「戦争のプロ」ベトナムに学べ
著者は元国税庁長官。大学生時代に教室でベトナム人と
仲良くなり、ベトナムを身近に感じられた。
ベトナム人は日本人と同じく蒙古斑が出る。日本人と近い
人種。また日本と同じく大乗仏教が主流。

しかし、紀元前1世紀ごろから約1000年、中国の支配下に
あり、その後も幾度なく中国との戦いが続いた。
誰もが生きている間に戦争があるのが当然の国であった。
ひきかえ日本は第二次大戦と言う大戦争で負けたけれど
基本的に対外戦争の非常に少ない国。

人種的・宗教的には近くても戦争と平和への意識の違いは
大きく、それが人の考え方の違いを生んでいる。



人口が急減していく日本にとって、ベトナムとの友好は両国に
とって最も重要な国是。
安部首相にも読んでもらいたい本です。尚、著者とはご縁が
ありご交誼を頂いています。

尚、著者は退官後、ベトナムとカンボジアで日本語と簿記の普及に
尽力されています。
スポンサーサイト



2015/03/24(Tue) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ