fc2ブログ
聖断 昭和天皇と鈴木貫太郎
鈴木貫太郎、終戦時の首相として名前は知ってはいたような
気がするほどにしか私の頭の中に存在していませんでした。

しかし、叩き上げの海軍軍人として日清・日露を戦い、ついに
日本海軍の頂上に君臨した人物。その後、若い昭和天皇の
侍従長として天皇から深い信任を得られました。

あの大戦の末期、”本土決戦・一億玉砕論”渦巻くなか平和を
希求する昭和天皇と心を通い合わせ、二人三脚で戦争を終結へと
導いた名宰相。




戦後70年の節目としてなにかと世界を含む世間が喧しいこの時、
日本人として何故あの戦争が起こったのか、どのようにして終戦を
迎えたか、深く考えさせてくれます。日本人必読!

名古屋南RC近藤氏から。良い本を有難うございます。
スポンサーサイト



2015/05/04(Mon) | | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
前のページ ホームに戻る  次のページ